紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


この日は午後から、戸建て住宅を建てるにあたって、法的な確認などする為に工務店の方と一緒に登別市役所に行ってきました。
この町は全国的にも温泉で有名なところですよね。

札幌市ぐらい大きな街にまでなると、大概のデータはインターネットで確認ができるのですが、地方都市はまだまだですね。
また敷地面積を確認する場合、周辺の大きな都市にある法務局にまで行かなきゃならない場合もあるので大変です。

今回はその敷地面積の確認の為の「地積測量図」の取り寄せと「方位の確認」などですね。

「方位」についてはこちらを引き続きどうぞ!

スポンサーサイト



mixiチェック
今日は午前中は山工務店との仕事で石膏ボードの荷揚げ
その後は、月寒でのキムラ展示会へ行ってきました。

うーん、サーモグラフィー測定器がついに20万円を切っていました・・・。
あれがあるとこの時期どれだけ断熱材が効力を発揮しているのかが一目瞭然なんですよ。

かなり欲しい。。。。

あれ買ったら誰か仕事させてくれませんかねえ。。。。
mixiチェック
P1000090.jpg   P1000091.jpg   P1000092.jpg

今日はIHクッキングヒーターの交換です。

ホント、何でもやりますよ。

これは既存のIH機器を取り外して、新しいのをはめ込むだけなんで、そんな難しい作業ではありません。

但し、既存機器が伝熱ヒーターだったりする場合などは200Vのアダプターが違ったりするので注意が必要ですし、ガス機器からだと電気工事が発生するので、そうそう簡単にはいきません。
mixiチェック
P1000081.jpg   P1000082.jpg

今日はドアが開かないという御客さんからの連絡があったので行ってきました。

なるほど、バーハンドルと連動する「プッシュプル式ラッチ」が固くて、一旦ドアが閉まるとなかなか開けるのには苦労します。

正直よくある現象ですよね。
この場合、バーハンドルを一旦外して連動する軸付近への動きをスムーズにさせるために”シリコンスプレー”を使います。
この時、間違っても「5-56」のような機械用油は使わないのがポイントです。

こういった部分へ機械油を使うと、結局ホコリや摩耗した鉄粉が黒くなってこびり付き、最終的には動かなくなってしまいますのでね。

その後、無事ドアはスムーズな開閉ができるようになり、御客様もホッと一安心されたようです。


mixiチェック