紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


この日も、1日中事務所に”引きこもり”でした(苦笑)

ホームページもですが、2月から始めたこの「現場日誌」やら「ブログ」やら何かと更新がイッパイありまして・・・。

で、先日日誌でも”動画”をアップしたばかりですが、その為に「You Tube」へも登録しました。
その前段階においては”google”への登録もあったりで、何かと手間が掛かりますね。

その矢先に何でもこの”google"の個人情報を一つにまとめる方向だとかいうニュースを聞きました。
まあ、確かにあちこちと同じような登録があるので、自分個人的には良いと思うのですが、あんまり露出したくない人にとっては歓迎する話ではないようですね。

あと、"face book”の方もココ最近毎日の様に友達申請が来るようになり、あらためてこの”face book”の拡がりを実感させられます。

12.03..09google+登録   12.03..09YouTubeマイチャンネル   12.03..09face book


[【3月6日・火曜日】の日記]の続きを読む
スポンサーサイト



mixiチェック
この日は1日中事務作業でした。

ホームページには”施工事例”をどんどん入れているのですが、希望設計としての過去に行ってきた現場を写真と共にアップしています。

結構、手間のかかる作業なのですが、過去を整理する上でも意味がありますね。

「希望設計」と名乗るようになって早12年目になりました。

少しずつ動き出したのは2004年頃なのですが、当時はまだ”本業”があったので、あくまでもそちらが優先だったのですが、それでも細かい現場も含めるとそれなりに現場の数はあります。

写真を整理しているといろいろと思い出しますね。

000南幌町「今川邸」外壁塗装工事   棟方邸和室リフォーム工事000  000江別市「大嶋邸」増築+バリアフリーリフォーム
 
①南幌町・外壁塗装施工事例
②南幌町・和室から洋室へのリフォーム施工事例
③2世帯&バリアフリーリフォーム施工事例


mixiチェック
この日は朝から子供達の通う少年団のイベントがあって、駐車場整理などやっていました。

でもって午後からは2件の現場があるので仕事復帰です。

まず1件目は町内にある古い建物を今年の夏にはお店として利用したいというリフォームの話でした。
お店ですので、加工品も出すともなれば保健所等への申請もあったりしていろいろと手続きもありますので、確認しながら設計を進めていきたいと思います。

で2件目が雨漏れするので見て欲しいという現場でした。

7~8年前に増築した部分なのですが、いわゆる無落雪屋根でしたので、この時期一番怪しいのは何と言っても「すが漏れ」。
室内は想像以上にヒドイ状況でした。

早速、屋根に上がって確認すると、やはりダクト部分は完全に凍結しており、雪融水の行き場所が完全に塞がれているようでした。まずはそのダクトに完全埋まっている氷を撤去する作業から始めまして、氷を少しずつ砕いて撤去していくと奥から水が流れ出てきました。全部取り除くと屋根からの少しずつ流れ出てくる雫は排水管の方へと流れていきました。
(動画はその状況を撮影してみました)



その後、屋根裏も確認し、施主さんには状況説明はさせて頂きました。

P1000204.jpg   P1000165.jpg   P1000178.jpg


それにしても気になるのは、この工事を行ったリフォーム会社なのですが、施主さんはまず当然にこの工事を行った業者に連絡して対応をしてもらったそうなのですが、状況説明もほとんど施主さんには無かったようです。
しかも、これだけの”すが漏れ”を起こしているのであれば、まずはダクト部分の氷の撤去は最優先だと思うのですが・・・。

やはり自分でいつも思うのはこういうリフォーム店工事のアフターのずさんさは目に余りますよね。。。

今はとりあえず、応急措置で耐えしのいでもらうしかないのですが、この春、雪が融けてたらあらためて屋根も含めた改修工事を行いたいと考えています。

mixiチェック
P1000090_20120306185029.jpg  P1000091_20120306185042.jpg  P1000124.jpg

この日、という訳ではないのですが、今度はIHヒーターの交換をやりました。

ホント、毎度言ってますけど、何でもやる”一級建築士事務所”です(笑)

でも実は意外と簡単。

これが「ガス器具」からだと電気工事は絶対発生しますし、「電熱ヒーター」などからでもアダプターの交換があったりするので、何かと調べなくてはならないのですが、今回はまるまる交換なので、取り外して新しく組み込むだけ。

それでも、そこそこ重さもありますし、何より汚れはハンパないですから・・・・。

あと、廃材の処分も考えたら自分でやるのはちょいと面倒かも・・・・。

最近は、もう一昔前のIHヒーターがだいぶコタってきて、最新型の2台目に代えるようなパターンも増えていますよね。
もし、御要望がありましたらいつでもどうぞ!
mixiチェック
この日は朝からホームページを見たという御客さんからの連絡で現場へ行くことになっていたのですが、結局行く寸前でキャンセルになりました。
その前の電話の問い合わせでもあちこち相見積を取られているような話をされていて、かなり安い価格で工事を請け負う業者もいたようです。
多分、そちらへ仕事の依頼をされるのだと思います。

その昔、サッシ業者時代に”コンマなんぼ”の世界で同業者同士価格を叩きあったものですが、結局互いにメリットは薄かったように感じます。
その証拠に当時頑張っていた業者の半分以上が今は無いですからね。

息の長い商売を心がける為には”適正な価格”で”正直な仕事”をひたすらにこなしていきたいと、あらためて思った次第ではあります。


でもって、日中事務処理のあとは、今工務店で改修工事を行っているトイレ現場の仕上げパネル材の荷上げ作業を手伝うように依頼されていましたので、そちらでの作業です。
まずトラックに乗って資材の引取をしてから、現場へと向かいました。

最近のトイレ壁の仕上げというとコンビニでも多く見かけますが、汚れが掃除し易いパネル材を使います。
只、これが結構重い・・・・。

1枚=1m×2.4m×約12㎏  を合計30枚。
現場は”4階”・・・・・。

大きさからしてエレベーターは使えず、しかも屋上まで上げなければならず2階吹抜けを考えると事実上は6階まで階段での荷上げです。

いやあ、かなりバテましたね・・・・。
ホント、疲れました。




P1000062_20120306174057.jpg
ちなみに写真はそのトイレの現場を解体していた時の写真です。
なんだか、こうやってみると、映画「SAW」のシーンを思い出すのは自分だけ?・・・・
・・・・ですね。。。


mixiチェック
この日も「サッシ屋デー」

日中は私用だったのですが、夕方から錠前交換などやりました。

”カギ”というと数年前までは「ピッキング」という被害が多かったのですが、最近は錠前製品の進化もあってだいぶ減った様に感じます。

「ピッキング」っていうのは、鍵穴からピンの様な道具を使って、カギを使わずに施錠しているカギを開けてしまうという手口ですが、これって、実は業界内では2000年頃でしょうか、仕事状況が厳しい当時、技術を身につけて独立ビジネスを目指す意味からあちこちでこの「ピッキング講習」が行われていた頃でもあるんですよね。
要は、閉じ込めだとか、カギを無くして困った人の為の”ピッキング技術”が只単純に悪用されてしまったということですね。
また、テレビのバラエティなどでも、これ見よがしに数秒でカギを開けてしまう名人などと言ってやっていましたけど、個人的にはこういう技術を表沙汰にひけらかして良いものかと眉をひそめたものです。

さすがに最近はそんな光景は観なくなりましたが、被害自体は表面上の話題として減ったに過ぎず、未だそれなりにあるとは思いますね。


今回のカギ交換も昔被害の多かった「ディスクシリンダー」から「ロータリーシリンダー(U9)」へ換えています。
写真で見ると縦穴タイプから、横穴式へ変わっているのが分かると思います。

もし、まだこの「縦穴式ディスクシリンダー」の方がいらっしゃたら、是非交換されることをお勧めしますよ。

012AW-1.jpg  P1000118.jpg  P1000121.jpg
mixiチェック
この日は「サッシ屋デー」でした。

久しぶりに樹脂サッシのガラス交換&錠前新規交換です。

作業自体はどうってことないのですが、サッシ自体が曲がっていたり、採寸を間違うと意外と苦労します。
1㎜単位で開閉がスムーズに行かなかったりしますからね。

今回サッシの歪みも少なく、採寸もバッチリだったのですが、とにかく作業前の除雪が・・・・。

まず作業前に掘り起こすのに一苦労ですよね。

それと、雪の中にビス1本落としたっものなら、もう見つかりません・・・。

そんなこんなで何かと違う意味大変でした(苦笑)

P1000052.jpg   P1000054.jpg   P1000053.jpg
mixiチェック
正直この日の作業では無かったのですが、先日キッチン部の水栓金具の交換をやってきました。
現場で下見に行った時には既に末期症状でして、かなりの水が常時あふれ出ている感じでした。

P1000530.jpg   P1000533.jpg   P1000542.jpg

ホント、わたし、確認申請業務、CAD作図からトイレ掃除まで何でもやります。。。。
以前は吹抜けで絶対手の届かない天井にある電球の”球交換”までアクロバットでやりましたから(笑)
もし、「これはどうだ?」っていうような仕事があれば何でも言ってくださいね。
出来るものでしたら、出来る範囲を全力で対応しますから。

ところで、この金具交換。
意外と苦労しました。

まず水の元栓を閉めなきゃいけないんだけど、その止水栓がどこにもない!?

床下点検口を外して床下へ潜って捜した結果、まさかのユーティリティにあったタンス下でした・・・・。

でもって、金具を留めているボルトが思った以上に錆びていたのか、とても固くで外すのにとても苦労しましたね。

結果的には無事作業は完了。

これで、しばらくは安泰ですね。

よかった。よかった。

mixiチェック
この日は朝からアパートドアの交換工事を行っていました。

この手のドアはまず枠自体が歪み始め、戸先の下がコスリ始めたりし、だんだんとドア本体のフレームが壊れて、最終的にはその芯材にある木材が腐ってくるというのがパターンです。

117.jpg


今回の現場もまさにパターン通りで、こういった場合、ドア本体を少し小さめに製作するなどして、その歪んだ枠内へ納めるように新規交換します。

P1000111.jpg


その際、ちょいと面倒なのが、既存の丁番との穴位置が違っていたり、カギの位置を合わせなくてはいけないところですね。

今回はその他ドアチェック(後日また解説しますね)や用心鎖(前述同様)、郵便ポストやスコープも全て新規一転しました。

これでまず、ココは大丈夫ですが、アパートですので、今後次々とこういった交換が発生してきそうですね。

P1000114.jpg


mixiチェック
この日も普通に仕事していました。

メインは依頼されていたサッシ建具の見積り作業でした。
ですから、この時はサッシ業者「窓夢-MADOYUME-」としての仕事になります。

建物は鉄骨2階建ての事務所兼倉庫の新築ですね。

一般的なサッシと併せてビル用のサッシもあり、更には防火設備(防火地域用専用サッシ)や、大型スクリーンなどもあり、結局朝方近くまでかかって出た金額は1千万以上にもなってしまいました。
当初は700~800万位かなあなんて思っていたんですけど、やはり大型スクリーンのサッシが金額的にも大型でしたね。。。

これが決まれば、大きいですね。

でも、ますます忙しくなりそうで、ちょっとだけ怖い気がする今日この頃・・・・。
mixiチェック
YuuichiKawakami

【3月10日(土)18:00~南幌小学校PTA会合
02-29 05:00

【3月8日(木)】ニヘイ展示会(3/7~3/8)
02-29 04:59

【3月2日(金)】9:00~南幌町「いもと邸」現場訪問・見積依頼、
02-29 04:57

【3月1日(木)】8:30~16:00東区私用、17:00~江別「諸沢邸」カギ交換作業
02-29 04:55

【2月29日(水)】終日月末事務処理、HP更新他(南幌事務所にて)
02-29 04:54

mixiチェック
山工務店から依頼された札幌市内のアパートの概略計画設計を夜中までやっていました。

希望世帯数と保有車両の確保・・・。

用途地域からの建ぺい率や容積率を考え間取りを設定していきます。
この”間取り”作業はさながらパズルのようですね。

最近Windows7用にインストルールしたソフトを使ってまずはラフに考えていきます。

12.02.29AP間取1   12.02.29AP間取2  12.02.29AP間取3


この時の一番の問題は間取りそのものより、「法規的問題」ですね。

その土地に対する㎡制限や高さも然りですが、それ以上に問題となるのが「斜線制限」や「居室の採光制限」などですね。

札幌市の場合、「北側斜線制限」が条例で決まっているので興味のある方はこちらもどうぞ。

無事提案設計をメールで送って一旦完了したのですが、後日山工務店から連絡があって、木造3階建ては耐火構造としなければならないとか・・・・。

そっかあ。。。。

そうなるとまたまた審査のハードルが上がるわけで、申請業務が大変となりそう・・・・。





mixiチェック