紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


またまた間隔が空いてしまいました・・・。
実際は毎日いろいろと仕事しているんですけどね。
正直忙しくてなかなか日誌にまで手が廻らないという訳です。。。
まあ、所詮、自分に対する言い訳ですけどね(苦笑)


さて、先日行ったのはサンルームの屋根の修繕工事です。

自分がサッシ屋だった頃のサンルームというと屋根材はほとんど網入りのクモリガラスでした。
まず網入りなのは割れてもいきなり飛散しないという意味あいで、それとクモリガラスの方が透明より値段が安いという理由からでしたね。

とりあえず雪国においては、落雪でもって破損するというのが基本的条件でしたので、ひ弱な屋根素材はまず使わないと言うのがセオリーとなっています。
玄関前の「風徐室」と呼ばれる部分で、アルミ製等で屋根がある場合も同様の事が言えます。

南幌町「N邸」サンルーム屋根修繕工事完了000    南幌町「N邸」サンルーム屋根修繕工事完了001


しかし近年では「強化アクリル板」なるものが主流でして、以前からも素材としてはあったのですが、値段が熟れてきた感もあったりしてよく使われるようになってきました。
また網入りガラスも欠点があって、何年か経つとガラス内部の金属網による膨張・収縮によってガラスが自然と割れてしまうという、いわゆる「熱割れ」という現象が起きてしまうのと、切口の断面部から見えるその金属製の網が錆びてくるなどあったので、その代替品として使われてきたのだと思います。

只、アクリル板も紫外線で焼けてきたり、雪などが滑り落ちることによるキズ等が付き易いといったマイナス点もありますけどね・・・。
また、少し値段を抑え、アクリル板に中空層を設けた製品などもあって、それぞれで使い分ける事が可能ですので、ガラスも含めて適材適所で考えてみる事が大事だと思います。

写真の現場は、御客様と相談した結果、網入りクモリガラス(RW6.8)から、強化アクリル板・板厚5㎜・クリア仕様へと交換しています。(透明なんで、写真では何も無い様に見えますけどね・・・)

南幌町「N邸」サンルーム屋根修繕工事完了002   南幌町「N邸」サンルーム屋根修繕工事完了003








スポンサーサイト



mixiチェック