紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


現在、屋根リフォームを検討している御客さんがいるので、その方法の一つでもある「ストッパールーフ」という工事事例現場を見てきました。

「ストッパールーフ」とは基本的には俗称であって、勾配屋根板金の”ハゼ部”が大きく4~5㎝程立ち上がっていて、基本的には”雪が落さない”形状となっている屋根のことを差しています。
”ストッパー”とは”雪を止める”という意味合いから、基本的に雪国の、というか、住宅の屋根に雪を載せたままにすることの多い北海道の、そして敷地内に雪を落すスペースの少ない都市部という限られた地域で見られる屋根なのだと思います。

P1010733.jpg   P1010731.jpg

[【8月27日・月曜日】の日記 「ストッパールーフ」]の続きを読む
スポンサーサイト



mixiチェック