紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


P1010847.jpg


工事している現場にて、時々、調整などをサービスでおこなうことがあるのですが、その一つが「ドアチェック」ですね。

よく玄関ドア等の入口で、扉が自動的に閉まるように引き込むようにしている装置で、大概の場合、室内側からみると扉上部に四角い箱の様なものがありますが、それを通称「ドアチェック」等と呼んでいます。

この自閉装置にはドアチェック以外にもいろいろありますし、引戸には引戸用の自閉装置があります。

またドアチェック自体も外部面に取付される場合もあり、その取付方式が「正規付(せいきづけ)」と呼ばれることから、もしかするとその昔は外側に取付されるのが普通だったのかもしれません。
ちなみに室内側に取付するのを「パラレル式」と言います。

このドアチェックの調整によって、ドア自体の締り速度が早かったり遅かったりするので、ちょっと気になる時には調整させて頂きます。

基本的にこの装置は油圧式なので、その油圧調整ネジをドライバー等でほんの少し回してあげるだけで微調整が可能です。

只、ドアの速度が速くて閉まる時の衝撃が大きい場合に多いパターンなのですが、この油圧の油が漏れてきたりしていると、油圧力が低下しているので、調整が不可能になってしまいます。
その場合はもはや新しく交換するしか方法はありません。

本来そんな簡単に油漏れなどしないのですが、これまた多いパターンなのですが、大概の場合その調整機能をいじり過ぎて油漏れを引き起こしている場合も少なくありませんね。

つまり中途半端な知識でもって壊してしまったということなんです。

この調整ネジですが、いきなりグリグリ回してしまうとすぐに油が漏れてくるので注意が必用です。
スポンサーサイト



mixiチェック
今回の現場にはもう既に玄関前に”風除室”はあるのですが、その更に前にある階段アプローチ部分も覆ってしまいたいという希望から、その階段部分へ屋根を取付するといった2段階式風除室の取付工事となります。

ちなみにこの「風除室」、北海道では当たり前のエクステリアとして定着していますが、実は本州ではなかなか無い部分なんですよね。。。
過去この「玄関風除室」について書いた記事がありますので、知らない方はこちらをどうぞ・・・。
2009年の記事「玄関フード」

これで、その前にあるカーポートまで雨降りの日でも傘が無くても玄関への出入りが出来るようになります。

只、屋根材がメーカー都合で納期が遅れているとのこと・・・。
完成は来週となりそうです。。。


P1010999.jpg   P1020003.jpg   P1020009.jpg




mixiチェック
断熱樹脂サッシドア取付工事2日目。

先日は石膏ボードにて仕上げるまで完了しているので、朝から仕上げのクロスを貼る作業と、外壁はサッシ周辺を板金で額縁状に納める為の木下地取付作業を行います。
午後からは一旦取り外したエアコンを再度復旧取付して完了となりますね。

ちなみにサッシドアにおける種類別の定義ですが、一般に「テラスドア」というと内部には開け閉めするハンドルは付いているものの外面にハンドルはありません。
で、「勝手口ドア」なんていう言い方をするものには内外にハンドルがついており、侵入防止の為に錠前も設置されています。

同じ出入りするドアでも使い方や考え方によって使い分けされており、意外と建築業者でも分かっていない人も多いので注意は必要ですね。

P1010891.jpg   P1010892.jpg    P1010900.jpg
mixiチェック
札幌市内にて、リビングから外へ出る為と明かり採り、そして風通しを良くしたいとの意向から断熱樹脂製のドアを取付する工事です。

ホームページからの御客様だったのですが、当然のように他業者へも何社か見積り依頼をされていました。

今回は“壁を抜いて”という意味から気になるのは構造的な部分でして、丁度御客様の希望する箇所には“筋交い”という構造部材が入っていました。

図面はありましたので、それをみればその存在は一目瞭然。

とりあえず御客様との話し合い中で、この“筋交い”を切断しなければその位置にはドアの取付は不可能だということと、一様に構造材としては意味のあるものなので安易な撤去はお薦めしないという旨のお話はさせて頂きました。
只、どうしても工事を行って欲しいというのであればその構造材を切断するという事実を認識して頂き、工事する側としても、出来る範囲でのその切断による影響を軽減するための補強も工事内容に含めるといった説明も致しました。
結局、工事は御客様の意向により継続することになり、御客様にも私の話に理解を頂けたので最終的には工事依頼を受けることにはなったのですが、そういった内容の話をされる業者が他には全然いなかったそうです。

御客様も話をしていましたが、工事を行う際に一定の注意事項や建物としての仕組みなどについて説明がほとんどされていない業者が多いというのも不思議な話です。

新築であれ、リフォームであれ、建築について一般の方が分からないというのは当たり前の話であって、むしろ一歩踏み込んで分かり易く説明して差し上げるくらいが丁度良いのではといつも心がけて御客様とは接しています。

P1010839.jpg P1010843.jpg P1010887.jpg

mixiチェック
P1010833.jpg


打ち合わせの後、システムキッチンのレンジフードとガスコンロの実物が見たいということで、急遽その御客様を同行して札幌市内のショールームへ案内しました。

カタログでは判断できない質感やイメージなどが実物を触って体感出来る訳ですから、個人的にはけっこう多用している方だと思います。

御客様の中には、「ショールーム」と聞くと身構える方も勿論おりますし、押し売りされそうなイメージから行きたがらない方も意外と多くいますね。

只、高価な物を購入する訳ですから、やっぱり確認の意味も含めて見て欲しいと自分は思います。
特にシステムキッチンやユニットバス、その他洗面台やトイレ器具などの水周り商品ですよね。

まあ只、確かにいろいろな製品が目移りするほどにありますし、結局気が付いたら、購入グレードが一つも二つも上がってしまった、なんてことはよく聞く話です。

また大概のセールスレディ(勿論男性の案内人もいますが、圧倒的に少ないです)は説明が上手ですし、基本的にキレイな方も多いですしね。。。

新築やリフォームの予定が当面無くても、将来を見据えて考えている人や、只単純に興味のある方も勉強の意味を含めて利用してみては如何でしょうか。。。


勿論、連絡を頂ければ案内もしますしね。

mixiチェック
P1010777.jpg



札幌市内で屋根からの雨漏れで困っている現場に行ってきました。

築50年の家を主として、その後35年前と25年前とそれぞれに大幅な増築をされ、かなり複雑な建物となっていました。
その他トイレやら浴室やら細かい部分もかなり工事をされているようで、建物内部はさながら”迷路”状態。。。

屋根の雨漏れも、少し酷な言い方になりますが、こうなっては当然の結果のような気がします。

感じたのは、まずこの工事を手掛けてきた業者について、もう少し先を見越した計画設計なるものを提案できなかったのかなあと思いましたね。
住んでいる方は当面の対処としていろいろと話をされるのでしょうが、言われるままに工事をすると結果的にこうなってしまったという典型的事例です。
もっと、工事業者は計画性をもってアドバイスなりしてリードしなくてはならないと思います。


それと、やはり施主さんは築50年もの建物にどれだけお金をかけて修理していいものなのか悩みものですので、工事を手掛ける際にはもう少し打合せの段階で話の要点をまとめなくてはならないのかなと。。。
実は自分はあくまでも建築士としてのアドバイザーで同行したのですが、どうにもその打合せ自体があちこちに逸れるので、いろいろと聞いているだけで2時間以上も費やしてしまいました。

単なる屋根の雨漏れとはいってもその原因は様々ですので、確かに一旦工事を手掛けると場合によってはかなり大事になりかねません。
ですから、最低どうしたいのか、またどの程度の予算で考えているのかくらいは押えて話を進めた方が分かり易ような気がしました。

年内には直したいとのこと。

まずは見積りですね・・・・。



mixiチェック
以前にボイラー機器の交換を行った御客様からの依頼で軒天の修理を行ってきました。

最近、この”軒天”の修繕依頼が偶然なんでしょうけど単発で続いていますね。

軒天の素材は「スレート板」と呼ばれる素材が貼られているのですが、基本的にそれほど水に強い素材ではありません。
外部面は塗装で仕上げて防水をしているのですが、内側から結露などによって水に濡れたりするとすぐに腐朽してきますね。

P1010296.jpg


今回の場合、その軒天を貫通している屋根部ダクトの配管部漏水による腐朽とみられ、前回、排水パイプ漏水部の修繕を行いました。

今日はその確認も含めて、最終仕上げの工事作業です。

作業自体はそれほど難しいものではないのですが、最後はペンキ塗装とシーリング作業もあるので、意外と手間が掛かりますね。

P1010745.jpg   P1010754.jpg
mixiチェック