紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


断熱樹脂サッシドア取付工事2日目。

先日は石膏ボードにて仕上げるまで完了しているので、朝から仕上げのクロスを貼る作業と、外壁はサッシ周辺を板金で額縁状に納める為の木下地取付作業を行います。
午後からは一旦取り外したエアコンを再度復旧取付して完了となりますね。

ちなみにサッシドアにおける種類別の定義ですが、一般に「テラスドア」というと内部には開け閉めするハンドルは付いているものの外面にハンドルはありません。
で、「勝手口ドア」なんていう言い方をするものには内外にハンドルがついており、侵入防止の為に錠前も設置されています。

同じ出入りするドアでも使い方や考え方によって使い分けされており、意外と建築業者でも分かっていない人も多いので注意は必要ですね。

P1010891.jpg   P1010892.jpg    P1010900.jpg
スポンサーサイト



mixiチェック
札幌市内にて、リビングから外へ出る為と明かり採り、そして風通しを良くしたいとの意向から断熱樹脂製のドアを取付する工事です。

ホームページからの御客様だったのですが、当然のように他業者へも何社か見積り依頼をされていました。

今回は“壁を抜いて”という意味から気になるのは構造的な部分でして、丁度御客様の希望する箇所には“筋交い”という構造部材が入っていました。

図面はありましたので、それをみればその存在は一目瞭然。

とりあえず御客様との話し合い中で、この“筋交い”を切断しなければその位置にはドアの取付は不可能だということと、一様に構造材としては意味のあるものなので安易な撤去はお薦めしないという旨のお話はさせて頂きました。
只、どうしても工事を行って欲しいというのであればその構造材を切断するという事実を認識して頂き、工事する側としても、出来る範囲でのその切断による影響を軽減するための補強も工事内容に含めるといった説明も致しました。
結局、工事は御客様の意向により継続することになり、御客様にも私の話に理解を頂けたので最終的には工事依頼を受けることにはなったのですが、そういった内容の話をされる業者が他には全然いなかったそうです。

御客様も話をしていましたが、工事を行う際に一定の注意事項や建物としての仕組みなどについて説明がほとんどされていない業者が多いというのも不思議な話です。

新築であれ、リフォームであれ、建築について一般の方が分からないというのは当たり前の話であって、むしろ一歩踏み込んで分かり易く説明して差し上げるくらいが丁度良いのではといつも心がけて御客様とは接しています。

P1010839.jpg P1010843.jpg P1010887.jpg

mixiチェック