紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


この日システムキッチンへガスコンロが取付されました。
これで、新しいキッチンで料理が可能となりますね。

やっぱりキッチンにはちゃんとコンロが付いていないとカッコつかないものです。

ちなみにガスの仕様について、大きく分けて「都市ガス」と「プロパンガス(LPG)」がありますよね。

何となく、その区分けとして建物の外側にプロパンガスボンベが置いてあると「プロパンガス」、そして直接ガス配管が成されていると「都市ガス」というイメージがあるかと思います。

只、他の地方ではどうなのかは分かりませんが、とりあえず札幌市近郊では”集中プロパン”と言って、プロパンガスを各家庭にガス配管によって供給している地域もあるので、機器を取り換える際には注意が必用ですね。

P1020797.jpg   P1020798.jpg


スポンサーサイト



mixiチェック
この日は朝から江別市でボイラー交換の工事を行いました。

そろそろ北海道では暖房が必要な時期に入り、セントラル暖房でボイラーを使用している家庭も多いので、久しぶりの可動での不具合もあったりで結構忙しいシーズンとなっていますね。

只、今回のボイラーは暖房用ではなくて、給水用の方です。

今まで使っていたボイラーは23年も持ったそうで。。。
かなり頑張りましたね。

ちなみによく寿命の話が出るのですが、早いものだと8年程度で故障したりします。
勿論15年以上持つのもあるので、こればっかりは当たり外れの要素が大きいのが設備機器の泣かせどころですね。

あとは機器管理も含めてアフターでどこまでフォローできるか、また建物全体として設備機器も含めてトータルで考えることが大事だと自分は思います。


P1020759.jpg  P1020774.jpg  P1020775.jpg


mixiチェック
002.jpg  P1020779.jpg  P1020783.jpg


足場が完全に撤去されました。

最初にある写真が今回の工事前で、2枚目が工事後ですね。

同じ色で仕上げているので、一見分かり難いかもしれませんが、明るい感じで光沢もあり、きれいに仕上がっています。

この時、御客様から聞かれた疑問を一つ。
塗料メーカーのカタログには、外壁塗装を終えた後、サイディング外壁材間目地のシーリングを行うようにとの記載があるが、今回塗装前にコーキングシール打ちを行ったが大丈夫かとのお話でした。
つまり、新築と同様に塗装の出来上がった外壁材を貼り終えた後に目地シール作業を行うというやりかたですね。

只、家全体の塗装を行う、いわゆるリフォーム工事の時にはシール作業後に塗装を行うというのが通例となっています。理由としてはその目地シールにも外壁材と塗膜を一体成型することにより、より劣化を防ぐというように考えています。
シールだけだと3年もすると硬化し始め、その後剥離する箇所も出てきますが、その劣化を塗膜によって遅らせることができます。
但し、シール自体のように伸縮機能が塗膜にはありませんので、シール部分の細かなヒビ割れが発生する可能性は十分ありますね。もしそのヒビ割れが気になるのでしたら、塗装後のシール作業を行わなければなりません。
しかし一般的には前述した通り、シール後に塗装されるのが普通ですし、意匠的にも一体的に仕上がるので個人的にはシール後の塗装を薦めております。


mixiチェック
本屋根の軒先部分”淀(よど)”の修復を下地木材部分から行っています。

もともとの板金納まりの状態があまり良くなく、雨水が板金内に受け皿として溜まるような感じになっています。
当然にその下地となっている木材は湿った状態がそのまま続くので、結局は腐食してしまいますね。。。

今回の工事では、ある程度その雨水の進入を抑えるようにはしていますが、仕組みそのものを大きく変えているわけではないので、10数年後にはまた修繕工事を行わなければならないのかもしれませんね。。。

勿論、御客様には説明しています。

P1020776.jpg  P1020777.jpg  P1020778.jpg
mixiチェック
さて、一通り足場のある部分以外は、外壁と屋根塗装が完了しました。

全体チェックを行い翌日足場の撤去へと進んでいきます。

その後足場があって出来ない部分の塗装作業を行います。

P1020730.jpg  P1020752.jpg  P1020756.jpg
mixiチェック
現場は正味3階建ての一戸建て住宅なのですが、2階の天井から雨漏れらしい水滴が壁を伝っているとのことで見に行ってきました。

漏水している壁面の真上3階に洗面台はあるものの、配管関係の異常は無さそうです。
となると怪しいのは設備系配管類と共に併設されている、屋根からの排水を受けているダクト用の配管です。

3階の小屋裏にまで潜って確認したところ、やはりダクト排水入口部分の不具合による漏水と判明しました。
木材の腐蝕具合から察するに、相当以前から漏水していたと思われます。

010.jpg  022.jpg  027.jpg

とりあえず、近日中に応急処置的なシーリングを行うと共に、板金も含め排水ダクトの不具合も修繕する工事見積りをすることとなりました。
但し表面にある板金はともかく、内部造作している木材まで修復するとなると結構高額となりますので、今回の工事としては御客様と話をした結果、見送ることとしました。

mixiチェック
P1020724.jpg  P1020725.jpg  P1020726.jpg


さて、この現場もそろそろ仕上げの段階に入ってきました。

屋根下地造作も一通り完了。
内部キッチン回りもだいぶ仕上がってきました。

床暖房の調整も再度確認しています。
mixiチェック
P1020713.jpg  P1020714.jpg  P1020715.jpg

外壁を塗り終えた後は、屋根板金です。

先日、雨漏れの為にシーリングで補修した部分も塗装で仕上て完了となります。

天候不順な中、ココ数日良かったのが現場としては助かりましたね。

急ピッチで作業は進みました。
mixiチェック
数日雨模様でもあったので少し作業期間は空きましたが、外壁の塗装作業に入りました。

今回の塗装は業者からの薦めもあって、「低汚染ハルス耐水塗料・ハイウェザーDCプレミアム」というシリコン系の塗料を使用しています。

12.10.17ハイウェーザーDCカタログ  P1020616.jpg  P1020617.jpg


数年前まではウレタン系を使うことが多かったのですが、近年ではシリコン系も増えてきていますね。

御客様には一応アクリル系からフッ素系まで一通りの説明をした後、一番コスト面や耐久性を考えてバランスの取れた製品を提案させて頂いております。

勿論、現段階ではフッ素系が一番耐久性があるということにはなっていますが、幾分高額なのとまだ実績という点についてはもう少し時間が欲しい気がします。
個人的には、そういう意味では「シリコン系」を薦めてはいますが、今や製品種も多様化しており、ウレタン系だからシリコン系に劣るというように一概には言えないのも事実ではあります。
あとは、塗料業者とメーカーとの関係も含めて、一番信頼のおける工事を行うのが一番になるような気がします。

外壁を終えて、残りは屋根板金部分のみとなります。

mixiチェック
P1020668.jpg  P1020674.jpg  P1020678.jpg

この日は同じ屋根でもストッパールーフ仕様とはしない本屋根部分の板金工事を行いました。

やはり屋根軒先部分はかなり腐朽しており、そのほとんどが下地としては利用できない状態となっていましたね。

ココの部分は当初あった様に縦葺き仕様にて仕上げて完成。

煙突部分も板金で仕上げています。

そろそろ外部も完成間近となってきました。

mixiチェック
P1020597.jpg  P1020601.jpg  P1020602.jpg

現場は気まぐれな雨で作業が出来たり、出来なかったり・・・。

北海道にとって、秋は雪が降る前の追い込み時期でもあります。

ですから当然に工事日程はタイトになってきますよね。

特に外回りの工事は天気に左右されるので、日曜日や祝日など関係なく、天気が良ければ作業を行なうというのが当たり前の時期でもあります。

この現場もいよいよ下地処理を終えて、これからという時にあいにくの天気となってしまいました・・・。

まあ、それでも晴れ間をみて、出来る所から手を掛けていかなければなりません。

今回は軒天のスレート板の部分など、濡れていない部分の塗装を行っています。

mixiチェック
P1020594.jpg

この日はシステムキッチンの納入日。

いよいよ新しいキッチンの取り付け作業です。

何年もこの業界にいますが、やっぱり新しい製品が取り付けられるのはいいものですね。

特にキッチンや浴室等の水回り製品は、以前との違いが劇的に変化するので御客様も一番工事に対して実感が沸く瞬間なのだと思います。

只、今回ちょっと失敗したのは、床から飛び出していた”水抜き栓”が引き出しに当たる・・・。
以前のは開き戸タイプだったので、全開にしなくても収納するのに問題は無かったのですが、引き出しの場合は致命的な問題。。。
急遽床へフラットに収納できる器具へ変更して対応することとしました。
よく、コンロ脇の小さな引き出しが窓枠に当たったりして引き出せない場合もあるので、事前確認の際にはこういった細かい部分の注意も必要ですね。

今後の、経験を踏まえた知識ということになります。
mixiチェック
P1020555.jpg  P1020545.jpg  P1020556.jpg


この日から外壁サイディングの「取合いシールの打ち直し」作業を行なっています。
通常、シールメーカーは3年程経過したら、打ち直しをして欲しいと言うのですが、なかなか単体でその作業をする方は少ないですね。
大概は全体塗装を行う際に全体点検も兼ねて行うのが一般的です。
作業自体はシーリングを専門としている業者はいるのですが、そもそも戸建住宅外壁部分のシールについては塗装業者で行う場合が多いので、塗装と共に依頼する方が一式工事として減額できますし、作業そのものも一貫しますので。

屋根板金など金属部には「サビ止め塗料」を下塗りします。

これらの下地作業をどこまできちんとできるかで最終仕上げの出来栄えと耐久年数が大幅に変わります。

特に耐久年数はこれから数年に渡っての結果ですので、まだまだ先の話ではありますがその期間も含めて御客様とは今後長いお付き合いとなりますので、できるだけのことはやりたいと考えております。
場合によっては3年で剥がれ落ちてくる塗装もあり、そんな工事では信頼は勿論得られませんので。。。
mixiチェック
P1020559.jpg  P1020571.jpg  P1020572.jpg


この日は内外での工事が平行して行なわれていました。

内部ではシステムキッチンの入替の為、既存のキッチンが取り除かれました。

外部では昨日からの屋根工事が行われ、片面の板金は出来上がってきました。
腐朽していた軒先の”淀(よど)”部分の下地木材の造作も完了し、板金を巻いて完了といった感じです。

「ストッパールーフ」は近くで見るとその立ち上がりが結構大きいのが分かると思います。
その立上が雪などで倒れないように板金の下地に骨組みとなるL型の心材を組み込み補強しています。
mixiチェック
P1020429.jpg  P1020453.jpg  P1020536.jpg

この日から屋根工事にも着手しました。

元々今回のリフォームの話は屋根から始まった事ですので、いよいよといった感じでしょうか。

工法としては予算の都合から上貼りとし、板金形状は部分的に「ストッパールーフ」(以前の日誌参照)仕様としました。本来の目的はあくまでも「落雪対策」ではあるのですが、この方法により雨水の流れも以前のように軒先に流れ落ちてくるのではなく、建物側面へ流れて行く様になります。
今回の現場は裏面が学校のグランドになっているので、そちら側へ排水できるように考慮しました。

下地には断熱パネルを敷き詰め施工していますので、結露防止と多少の防音にも効果が見込めますね。

それにしても今回の現場の軒先の腐蝕はかなり進んでいました。
主な原因は多分「結露」でしょうね。
もはや下地としての機能もせず板金も剥がれてきていましたので、この部分については全て新しく造作し直しとしています。

その他雨水が伝わっていた外壁部分もサイディング自体の交換作業も行いました。

あらためて「結露」や「雨水処理」などの難しさを感じずにはいられません。

mixiチェック
P1020401.jpg   P1020406.jpg   P1020407.jpg

この日は屋根面のサビ落しと、大きく汚れている壁面の洗浄等を行いました。
この後「高圧洗浄」作業も行いますが、その前の「事前清掃」ということになります。
基本的に塗装前にこういった洗浄を行うのは、私は”常識”だと信じております。


先日網戸工事を行った際に御客様から聞いた話ですが、塗装工事を行う際に、この洗浄を行わない業者もいるそうですね。
汚れそのものは塗料によって塗り潰されるわけですから、あえてその下地素材を洗う必要性は無いのだとか・・・。
汚れた面の上から塗装を載せても剥離したり不具合は生じるするでしょうし、何より下地素材を点検するという意味合いがこの洗浄にもあると自分は思っています。

当然にこういった業者の工事費用は安いです。

そりゃそうですよね。
一般的にやらなきゃいけないことを省いている訳ですから。
こうなると、仕上げ塗料もどんな製品を使っているのか・・・。

とにかく、自分が携わった御客様に関しては適正な金額で、それ以上の”仕事”をさせて頂きたいと常々心掛けております。




mixiチェック
巷では週末から連休でしたが、この日も現場は動いていました。

キッチンの全面交換も今回の工事では行います。
新しいシステムキッチンで、配管等位置が変わるところは前もって設備業者にて作業を行なっておきます。

今回の場合、水抜き栓が床から立上っており、収納引き出しにぶつかってしまうので、床収納式の器具へと変更しました。

床下では狭い中での土堀と配管作業が行われていました。

配管設備業者は大概狭い場所での作業となるので大変ですよね。

P1020415.jpg   P1020416.jpg   P1020418.jpg
mixiチェック
塗装前に修繕箇所については直しておきたいと思いますので、来週作業の塗装前にこの日はその工事に入りました。

まずはトップライト(天窓)からの雨漏れがあるようなので、その周辺部や製品における板金部分のシーリングを行いました。
どうもこの”雨漏れ”というやつは一筋縄ではいかないので、とりあえず今後は様子見なのですが、多分大丈夫だと思いますね。

その他、外壁へ直接雨などの水分が伝わらないように水切りのような屋根端部の造作や軒天材料(=スレート板)の交換も随時行っています。

塗装工事はホント天気の影響が大きく左右されるので、作業が始まってしまえば、あとは只ひたすらに無事完了することを祈るばかりです・・・。

P1020358.jpg   P1020349.jpg  P1020347.jpg


mixiチェック
外回りでは屋根板金を大幅に上貼りします。

隣接する土地に落雪しないように「ストッパールーフ」なるものを板金にて施工します。

その前に軒下の”淀(よど=軒天の先端下端にちょっと出張った部分です)”や”破風(はふ=軒天先端の側面部分ですね)”部分の木材下地の腐蝕が激しく、板金を貼るにしても打ち込む釘やビスが効かないと思われるので、その部分は全て新しい木材下地へと造作し直しました。

多分、一番の要因は「結露」でしょうね・・・。

雪が屋根上で乗っかった状態が続くと「すが漏れ」し、板金繋ぎ目から浸透し、その下地に防水目的で入っている防水紙(アスファルトルーフィングとか言われているもの等ですね)をも浸透し、内部の木材を腐蝕させる要因も一部あるとは思いますが、これだけ均等に、特に浴室や台所など水回り部分が特に酷い点を考えても、結露による水分の発生⇒木材の腐蝕というのが、一番可能性が高いと思います。

細かくその仕組みをココで書いてもキリが無いのですが、例えば同じ様な意味合いから木材の腐蝕を防ぐ、または腐蝕してしまった木材を確認し修復するという観点から、既存外壁の上から更に金属サイディングを貼るというような工事を絶対に私は行いません。

只単に表面上キレイになったからといって喜んでいると、内部結露によって骨組みとなっている木材などの素材がどれだけ蝕まれているのか計り知れません。。。

つまり「結露問題」は建物にとって、永遠に戦っていかなければならないテーマなのだと思います。


P1020295.jpg   P1020303.jpg   P1020333.jpg


mixiチェック
ココは給湯と暖房のボイラーの同時交換を依頼された現場です。

今年この同時交換は2度目になりますね。

本州方面では多分馴染みは無いのでしょうが、北海道でセントラルヒーティング(集中暖房=廊下も部屋も全部パネル等によって暖かくするシステム)を行う場合、石油燃料を使うのであれば給湯とは別にもう1台ボイラーを設置しています。以前はスペース的な問題などもあり、1台で給湯と暖房を賄うボイラーも使われていたようですが、近年ではほとんど2台併用している方がほとんどではないかと思いますね。

通常暖房ボイラー交換の際には循環する不凍液も交換するのですが、その作業時間や最終的な試運転まで含めると、最低2日間は工事予定をするのですが、今回は無事1日で終えることができました。

設置場所が広かったというのも作業効率的には良かったようです。

P1020331.jpg   P1020332.jpg   P1020343.jpg


この時期、この「暖房用ボイラー」の交換や修理依頼が急に増加します。

寒くなってきますからね・・・。

でも、もし願わくば、必ず寒い冬はやって来る訳ですから、早めに暖房ボイラーの状態を確認しておいてもらって、調子が悪いようであればすぐに連絡を頂ければと思いますので宜しくお願いします。

mixiチェック
先日、トイレ器具も取付を完了し床クッションフロアと壁クロスも完了しました。

P1020225.jpg


便器自体が奥へ設置された分前方が拡がったので少し空間にゆとりが生まれましたね。
ホワイト調で揃えた備品も併せて清潔感一杯のトイレとなりました。

P1020326.jpg


それから玄関ホールのクロス貼り替え作業も行いました。
今回は吹抜けであるのと、斜め天井なので職人さんは苦労していたようです。

それでもホールから廊下、リビングまで一気に貼り替え作業を完了しました。

P1020294.jpg

mixiチェック
≪1日目≫
こちらも足場の設置作業が始まりました。

今回の工事は外壁面と屋根面の全塗装工事となります。

建物自体は丁度築10年目となるのですが、塗装によるメンテナンスを行う事が御客様の最大の目的ではあります。
外壁や屋根面の塗膜も10年も経つと結構劣化してきますからね。

部分的に軒天部分等の修復も行い、来週以降本格的な塗装作業となります。

P1020247_20121004142349.jpg   P1020253_20121004142359.jpg   P1020264_20121004142407.jpg


mixiチェック
≪3日目≫
この日からトイレや洗面所の工事を手掛けています。

トイレについては床まで撤去し、排水パイプの確認も含めて位置移設を行っています。
あと、床下断熱材等の確認も出来ますね。

P1000742.jpg


それから洗面台についても新しい物へ交換しました。
その際、以前は露出していた給排水パイプも背面に壁を造作してきれいに隠して仕上げています。

洗面台は以前よりもボール面が大きく3面鏡仕様とし、かなりゴージャスな感じですね。

P1000739.jpg    P1020289.jpg

mixiチェック
≪2日目≫
内部フローリングが玄関ホールから貼られてきました。
当初予定していなかった玄関の上り框も急遽同色フローリングと化粧材にて仕上げました。

P1020210.jpg     P1020240.jpg


工事前にあった床や建具の色と新しい素材の色がガラッと変わると、やっぱりイメージはかなり変わりますよね。
御客様も今回選ばれた素材のカラーリングには大満足の様で良かったです。

リビングでは既存の床暖房パネルを1.5畳縮小する為に部分的に貼り替えを行っています。

パネル付近で激しかった”床鳴り”も下地をきちんと締め直して修復できました。

P1020227.jpg

mixiチェック
この日から新しい現場でのリフォームが始まりました。

主な工事内容は、

①外部屋根部分の無落雪化「ストッパールーフ」仕様改修、他部分補修
②内部床フローリングへの貼り替え
③トイレ全改修
④内部建具交換
⑤洗面台交換
⑥システムキッチンへの交換改修

などです。

金額的にも大きなリフォーム工事ですね。

工期的には10月中旬頃までを予定しております。

≪1日目≫
外部足場設置予定だったのですが、あいにくの台風17号接近ということで、朝からの作業は様子見としました。
その分、内部工事を優先とし、内部玄関床フローリングの貼り替えから着手しております。
階段下の出入口となるドア建具の取付も完了しました。
色は床、建具共に白っぽいベージュカラーとしましたので、明るい感じとなりそうですね。

P1020188.jpg   P1020198.jpg


外部足場については午後から天気が良くなってきたので、設置まで行いました。

P1020197.jpg

mixiチェック
P1020131.jpg

10月から大きなリフォーム工事が始まります。
数日に工事が及ぶような場合にはその周辺の御近所へ一週間位前に工事を行う際の案内も含めて挨拶を行います。

今回は2現場分の粗品を用意して回ってきました。

近所への挨拶を行わない業者はまずいないと思いますね。
実はこれ、多少”営業”も兼ねていますからね。

唯一、見ず知らずの家に訪問販売のように伺える機会でもありますので、”それなりに”単なる挨拶だけで済ますのではなく、案内文書や粗品についてもちょっとだけ工夫しているつもりです。

案内文書は少し明るい感じで、粗品は”一見立派に見える(?)洗剤”を持って行っています。
洗剤は意外と評判が良いようでよかったです。

今年はこの洗剤の出番が多かったですね。。。

もうひと踏ん張り。

頑張らねば!

mixiチェック