紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


理用テープ「レクター・アーロンテープ」、結果的には効果ありましたね。

只、ネットの製品使用者の意見にもあったのですが、巻きつける時はかなりの力が必要です。
説明書も箱の横にちょっとあるだけで最初は意味が分からなかったのですが、要は25㎜巾のテープを強く引っ張って、その半分の12.5㎜にまでしながら配管に巻きつけるという事らしいです。

最初は何となく巻いてみたのですが、漏水部分がだんだんその漏水によって膨らんできたので慌てて再度巻き直しをすることに・・・。

で、今度は目一杯の力で巻いて何とか最後は納まりました。

雰囲気的には、このテープ自体が融着すると説明書にはあるのですが、多分その漏水されている水分も伴って融着するのだと思います。

ですから漏水箇所以外に幅広く巻きつけようとしても水分が無いと簡単に剝れてきました。

とにかく物凄い悪臭の屋根裏にて、修繕を終え、殺鼠剤を散布し、あらためて天井裏に養生用のビニールを敷詰、グラスウール断熱材も敷き直して完了しました。

これで当面は大丈夫かと思います。

ちょこっとした漏水であればこの補修テープはお奨めですね。

あと、その後ネズミがどうなったのかも後日改めて訪問して聞いてみようと思います。

P1020963.jpg   P1030018.jpg   P1030022.jpg




スポンサーサイト



mixiチェック
最初は天井から雨漏れするので見に来て欲しいという連絡でした。

早速天井小屋裏を覗いたのですが、屋根下地は全く濡れておりません。

そこで天井裏の断熱材をめくってみると幾つかの排水管がありましたので、天井の濡れている箇所から辿り、原因を探ってみた結果、やはり配管からの漏水だということが判明しました。
その時の様子がこちら・・・

台所へ通じている給水管のようです。

古い管なので錆びて小さな穴が開いてしまったのか、どうしてそこだけ錆びてしまったのかは不明ですが、一旦簡単な応急処置をしておいて、後日修理することにしました。

それにしても丁度この辺はネズミの棲家となっているようで、臭いが凄いことになっていました。
もしかするとこの部分だけ錆が回ったのもネズミのせいかもしれません。

配管を取り換えるとなると大事なので考えた結果、以前からちょっと気になっていた補修用のテープ、アメリカ製の「レクター・アーロンテープ」を使ってみることにしました。

小さな漏水には効果的だとネットの情報にもありましたので、今回は試してみる価値は十分にありそうです。

製品は3日程で届きました。

ついでに殺鼠剤も購入。

こちらもネットで調べて、市販されている中では強力らしい業務用の“リン化亜鉛剤系”殺鼠剤「スーパーラットバスター」なるものを用意しました。

P1000772.jpg   P1000771.jpg


つづく・・・
mixiチェック
この日は、町内役場の建築課から相談したいことがあるので来て欲しいとのことで伺ってきました。

なんでもココ数年の近いうちに町内の公営住宅をリフォームしたいとのことで、特に浴室部分をどう納めるかの相談でした。

建物は築約30年のコンクリートパネルによるプレハブ式躯体で、4件が入居できる2階建て住宅です。

今、国の方針としては、建て直しをするよりもリフォームによって既存の建物の寿命を延ばせるのであればそれを推奨されているとのことでもあるようで、町としてもその方向で考えているようでした。

只、当時浴室専用に用いていたいわゆる”風呂釜”というようなボイラーを使うことは今現在ではほとんど無く、給湯ボイラーとして一括で設備を整えるのが一般化しています。
当然にその設置場所なども変化しており、それによって浴室自体の形状も変わったりしてきます。

今ではユニット式を使うのがほとんどで、形としては基本的に四角形になっていますが、それまではタイルや防水モルタルに塗装仕上げで造られた浴室に浴槽が設置されていたのがほとんで、形状もその釜のせいでL型になっていたり様々です。

丁度春先に似たような現場を手掛けたので、その事例を元に話をさせてもらいました。

また、玄関脇にある無駄に大きい物置=北海道ならではの”石炭庫”と言われていたスペースの有効活用や、古いアルミサッシの断熱化などについても話をさせて頂きました。

来年以降いつ工事に取り掛かるのかは分かりませんが、できることならせっかく設計としての提案をさせてもらったのですから、自分で施工工事まで関わりあいたいものですね。

その為には、一応役所からは指名願いの出来るように来月にでも申請書類を提出して欲しいとのこと。

希望設計として役所の工事が受注できるようになれば、また仕事としては面白いことになりそうです。

mixiチェック
今回の御依頼は給湯で使用されているボイラーの交換でした。

16年利用されていたとのことで、浴槽の追い炊きも機能せず、配管からも水漏れしていましたのでそろそろ寿命のようです。

ボイラーはよく何年持つのか聞かれますが、基本的には機械ですので明確な答えは無いですよね。

自動車で言えば、何年というよりも距離数とか使用頻度による場合や、その環境にもよりますよね。
毎日一定距離を同じサイクルで使用し、20万キロ走っていても何でも無い車もあれば、10万キロに達しないうちに壊れたりするのもあるので、同じ機械という意味でボイラーもなかなか一定の答えは無いと思います。

一応、経験上で言えば約10年前後といった感じでしょうか・・・。

あと、今回の現場のように水漏れしている場合、配管が鉄製の場合だとやや注意する必要がありますね。

目に見えて漏水している分には対処しようがありますが、壁の中などで万一漏水してしまうとなかなか厄介な事にもなりそうです。

最近だと給湯ボイラーの仕様も「貯湯式」から「直圧式」に変えるのがほとんどで、その場合配管への圧力もビミョウに変わるので、機器交換により配管の漏水も一様に考慮する必要がありそうです。

P1020816.jpg  P1020965.jpg

mixiチェック
最近だと「システムキッチン」に交換する方が多いのですが、以前からある仕様のそれぞれバラバラのキッチンをあらためて新しくする方も少なくありません。

今回の御客様も以前からの仕様をそのままに製品自体を新しく交換することにしました。

只、問題だったのは換気扇で、最初にお話を伺った時はその機能が全く果たされていませんでした。
いつの段階でそうなったのかはもはや不明ですが、外部に通じているはずの換気配管が無く、御客様は換気扇の動く音はするものですから換気はされているものだと長年思い込んでいたようです。

換気扇の話で言えば、こういった台所もそうですが、浴室なども時々チェックするのをお薦めしますね。

配管が汚れによって詰まっていたり、外部換気フードに鳥の巣などができたりすると、いくら排気をしていても逆流したりする事も多いですから。

チェックの方法は線香の煙の流れをみたり、ティッシュペーパーをあてがって換気入口に吸い付くかを確認できれば良いので、何年も確認されていない家の方には是非一度みてみては。

この現場も無事コンロも含めて新しくし、壁面にはキッチンパネルを部分的に貼り、換気扇も勿論機能し喜んで頂けた現場となりました。

121125取換前キッチン  P1020968.jpg  P1020967.jpg



mixiチェック
この日は窓工事も含めた工事の完了確認と、これから窓リフォームを考えている御客様の家に訪問してきました。

まず工事を終えた地元の家に行ったのですが、元々は本州(神奈川県)の方で、あまりストーブで暖を取る習慣が無いようで、”コタツ”を使用していましたね。
室温としては多分18℃位でしょうか。
個人的にはやや肌寒い感じです。

それでも施主である女性は寒さをあまり感じてはいないようで、むしろ極端に部屋を暖め過ぎる北海道の住宅や施設に対しては、やや疑問を持たれているようでした。

確かに、冬でも半袖シャツ1枚で過ごしている北海道の住宅事情は、特に今電力不足が呼び掛けられている世の中においては贅沢なのかもしれません。

「高気密・高断熱」の仕様とし、闇雲に”温かい住宅”の究極を目指している自分も含めた建築業界としては、少し考えなくてはいけないところでしょうね・・・。


午後からは札幌市内のこれから窓リフォームを考えている御客様の家に行ってきました。
築40年程度の住宅ですが、何度かのリフォームを行っているようで、内装は特に今風に仕上がっていました。
施主さんは70代の男性です。

問題点を伺ってみると、どうしても窓からの冷風が気になるとの事。
その窓は大きく、巾3.6m×高2.2m程度はあるので確かに窓面からの放熱はあるかと思われます。

只・・・。
窓下には同じ巾分のパネルヒーターが設置されており、ペアガラス入りの内窓も取り付けされており、何より伺った時の部屋の室温は多分25℃はあったかと思います。

それでも「寒い」とのこと。

一応、紹介して頂いた方には、リフォームによって完全にその御客様が納得出来るのかは分からないという点については了承を頂きました。

同じ日に全く生活スタイルの違う住宅を訪問して、つくづく”暖かさと寒さ”の基準は個人それぞれだと実感しました。

また、やっぱり寒さには男性より女性の方が強いんでしょうかね。。。

mixiチェック
先日の工事に併せて和室部分の窓改修工事も依頼されていました。
窓改修工事としては2日目となります。

この日は前日と違ってかなり良い天気ともなり、外部に通じる改修工事を行うには絶好の天気ではありました。

只、前日の大雨による工事の遅れを取り戻すにはキツかったですね。

結局この日はPM8:00過ぎまで掛かってしまいました・・・。


自分が主に行っていたのは窓サッシ周辺の窓枠材の取り付け。

前日の出窓部分も、コーナーの納まりなどもあって結構時間が掛かってしまいました。
意外とこの辺のところの、いわゆる「造作」と言われる部位工事は時間が掛かってしまいます。
どうしても仕上げ部分になるので、慎重になってしまいますからね・・・。

慎重に行ったおかげで、無事2個所とも内側の窓枠も新しくなり、こちらも御客様には喜んで頂けた様なので良かったです。

201.jpg  P1020926.jpg  P1020934.jpg
mixiチェック
105.jpg  P1020903.jpg  P1020919.jpg

この現場は納まりとしては、かなりアクロバットな窓改修工事でしたね。
しかも、けっこう雨&風がスゴいし、かなり寒かった過酷な状況でした。


躯体はRC(鉄筋コンクリート)で、サッシはコの字状に取り付けられているビル用のアルミサッシが取り付けされています。

建物の用途は住宅なのですが、どうしてもRC躯体だとサッシはビル用を使ってしまいがちですね。
つまり、ビル用である為に、その素材はアルミとなってしまい、全体的にゴツい感じは否めません。。。
ガラスも高断熱仕様ではないので、これらの結果、最大の問題は「結露」という事になります。

今回の御客様も、まずは結露対策というお話でしたので、基本的にはサッシ自体の断熱性能を高める為に素材としては「樹脂」とし、ガラスはアルゴンガス入りの高断熱仕様という仕様で工事させて頂く事となりました。

只、住宅用途で”コの字”型に納まる製品は無かったので、三角コーナー窓を中央で連結し、コの字型サッシとして対応しました。

この様なジョイントでコの字窓の断熱窓リフォームは初めてです。
多分、こんなアクロバット工事をやる、できる業者はいないと思いますよね。

正直、現場実測し納まるまでは自分でもかなりの緊張感はありましたが、最終的にはキレイに納まり、施主様からもとても喜んで頂けたので良かったです。

もし、困難な窓工事業者を御捜しであれば是非一報願えればと思いますので宜しくお願いします。





mixiチェック
この日は最終的なチェックと調整を行い、請求書も同時に持ち込み、全てが完了しました。

色々と個人的にも反省しなければならない点の多い現場ではありましたが、結果的に喜んで頂けたのでとても良かったです。

最後一緒にポーズで写真を撮らせて頂きました。

本当にありがとうございました。

121109確認後撮影


mixiチェック
春先に設計させて頂いていた施工現場に伺ってきました。

設計図書を作成するまでの係わり合いだったので、現場に来るのは更地だった6月頃以来久しぶりとなります。

いろいろとありましたが鉄骨も無事立ち上がって、外壁下地となるボードを貼る作業へと入っていました。

先月図面作成等関係していたサッシ関係も外回りは取り付けがほぼ完了していましたね。


只、一部内部壁の位置変更があるのであらためて設計変更に伴い、「計画変更確認申請書」の資料を作らなければなりません。
益々忙しく、しかも時間の無い中での作業となりますが、ココまできたらもう一踏ん張りで頑張りたいと思います。

P1020880.jpg  P1020876.jpg  P1020865.jpg
mixiチェック
外壁塗装は部分的な手直しを含めて最終仕上げとなりました。

これで外壁塗装の工事は全て終わりです。

あとは今回の塗料は特殊な塗料(10/15付日誌にて紹介)を使っているのでどれぐらい長持ちするのか、施主さん共々楽しみなところですね。

P1020840.jpg   P1020841.jpg
mixiチェック
この日は上幌向の現場でFFストーブの給排気管の移設工事を行いました。
今年の1月からの大雪で給排気管が埋まってしまうという事態が何度も発生した為に、できるだけ上に設置して欲しいという要望に応じた移設です。
但し、ストーブ本体からは3m以内と決められていますので、その範囲での延長工事となるので注意は必要ですね。

一方同じく大雪で基礎部分の床下換気用フタも破損してしまったということで、修理することにしました。
とは言え、コンクリート基礎に埋め込まれたフタ部品をそうそう簡単に取り外すことは不可能であり、むしろその為に基礎を削ったり壊したりする方が問題かと思われます。

そういう時に役にたつのが「リフォーム用床下換気フタ部品」です。
これは既存の破損したフタ部分へ両面テープで貼り付けるだけ。
冬場はフタを閉めて、夏場は表側のフタを開けて床下換気を行えるようにしており、細かい網目は虫などの侵入も防ぎます。

そろそろ冬支度。
床下換気のフタを閉めておかないと、冷え込む時期には水道の凍結の原因にもなりますので注意が必要ですね。

P1020845.jpg  P1020846.jpg  P1020847.jpg




mixiチェック
この日、北野の現場の最終確認を施主様と共に行いました。
キッチンや建具の一部に調整しなけければならない箇所はありましたが、これで工事は完了になります。
いろいろありましたが、とにかく終ってまずはホッと一安心と感じです。

最終的に取り付けたのが建具ドアのレバーハンドルが壁に当らないように取り付けした「マグネット式床付戸当り」です。
これは普段ドアが閉まっている時には、床にフラットな状態で戸当りが収納されていますが、ドアを開いてその受け部分に近づくと、その受け部分が磁力によって持ち上がりドアがそれ以上行かないようにストップするという仕組みになっています。

ドア本体に磁石を取付し、受け側を床に穴を開けてビス止めするだけでOK!

実はこれ、ホームセンターで\400-程度で売られています。

色は写真の様なベージュ系やホワイト色があります。

床の出っ張りが普段から気になっている方など、もし御要望があれば、お気軽に問合わせして下さい。

P1020833.jpg   P1020834.jpg


mixiチェック