紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


先日の工事に併せて和室部分の窓改修工事も依頼されていました。
窓改修工事としては2日目となります。

この日は前日と違ってかなり良い天気ともなり、外部に通じる改修工事を行うには絶好の天気ではありました。

只、前日の大雨による工事の遅れを取り戻すにはキツかったですね。

結局この日はPM8:00過ぎまで掛かってしまいました・・・。


自分が主に行っていたのは窓サッシ周辺の窓枠材の取り付け。

前日の出窓部分も、コーナーの納まりなどもあって結構時間が掛かってしまいました。
意外とこの辺のところの、いわゆる「造作」と言われる部位工事は時間が掛かってしまいます。
どうしても仕上げ部分になるので、慎重になってしまいますからね・・・。

慎重に行ったおかげで、無事2個所とも内側の窓枠も新しくなり、こちらも御客様には喜んで頂けた様なので良かったです。

201.jpg  P1020926.jpg  P1020934.jpg
スポンサーサイト



mixiチェック
105.jpg  P1020903.jpg  P1020919.jpg

この現場は納まりとしては、かなりアクロバットな窓改修工事でしたね。
しかも、けっこう雨&風がスゴいし、かなり寒かった過酷な状況でした。


躯体はRC(鉄筋コンクリート)で、サッシはコの字状に取り付けられているビル用のアルミサッシが取り付けされています。

建物の用途は住宅なのですが、どうしてもRC躯体だとサッシはビル用を使ってしまいがちですね。
つまり、ビル用である為に、その素材はアルミとなってしまい、全体的にゴツい感じは否めません。。。
ガラスも高断熱仕様ではないので、これらの結果、最大の問題は「結露」という事になります。

今回の御客様も、まずは結露対策というお話でしたので、基本的にはサッシ自体の断熱性能を高める為に素材としては「樹脂」とし、ガラスはアルゴンガス入りの高断熱仕様という仕様で工事させて頂く事となりました。

只、住宅用途で”コの字”型に納まる製品は無かったので、三角コーナー窓を中央で連結し、コの字型サッシとして対応しました。

この様なジョイントでコの字窓の断熱窓リフォームは初めてです。
多分、こんなアクロバット工事をやる、できる業者はいないと思いますよね。

正直、現場実測し納まるまでは自分でもかなりの緊張感はありましたが、最終的にはキレイに納まり、施主様からもとても喜んで頂けたので良かったです。

もし、困難な窓工事業者を御捜しであれば是非一報願えればと思いますので宜しくお願いします。





mixiチェック