紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


いよいよ工事が始まりました。

テレビでのリフォーム番組と同様にまずは解体作業から始まります。

只、天井を落す時「せ~の~で~!」なんて掛け声は普通有り得ません。

わざわざあんな埃を撒き散らすなんて、普通であれば施主さんを始めとして現場にいる人全員に迷惑ですからね。
あれはテレビ的な演出だと自分はみています。

P1000830.jpg   P1000831.jpg   P1000832.jpg

和室部分の垂れ壁、袖壁、敷居、畳と撤去していきます。



スポンサーサイト



mixiチェック
先日の猛吹雪の際、その風の勢いでガラスが破損したとのことで修理してきました。

自分の場合、まず基本的には現場で寸法を測って、そのついでに現場状況等を確認させて頂き翌日に修理対応をさせて頂いています。

P1000785.jpg   P1030141.jpg

P1030142.jpg   P1030143.jpg   P1030144.jpg

こういった「アルミ製框ドア」の場合、ガラスを嵌めるには一旦バラバラに解体しなければならないので、ちょっと作業的には面倒ですよね。
当たりが悪いと、その組立ビスの十字が削れて役に立たなくなっていたり(業界用語では”ナメル”と言います)、本来の規格ビスと違う物が使われていたりするのも多々あることですから・・・。
それと今回はドア下が枠に当って閉まりが悪いというので、ドア本体側の下をベビーサンダーで削りました。


ガラス修理の場合、業者によってはその場である程度のガラスを持ってきて、その場で寸法に合わせて切断して修理される場合や、自分の様に翌日以降になる場合は一時的に板などで仮修復をしておいて後日対応する業者もいるかと思います。また、はめ込みされたアルミ枠等を取り外して工場へ持ち帰り、工場で組み入れて現場で復旧取り付けするという場合もあります。

只、近年では大きめのガラス、いわゆる規格品の在庫をするところも少なく、やはり一回現場調査を行ってから見積りの算定を提示し、了承を得た上で作業を行なう方がガラスの裁断ロスも少ないので、ほとんどの業者はまず現場確認してから作業を行なうという方法が一般的だと思っています。


余談ですが、”ガラス”というと以前勤めていたサッシ業者時代を思い出しますね。

もう20年位前になるかとは思いますが、当時自分は営業職として営業活動に伴い現場監理なども行っておりました。
つまり「営業」とは言いながら、自分の担当現場は納まるまでそこの工事をある程度見なければならないということだったですし、時には自ら道具を持ち出して作業することも結構ありましたから。
で、ある戸建住宅の1階リビングに付いている断熱サッシのぺアガラスが破損したというので、そのガラスを一人で撤去しようとしたところ、一辺が2m位もあるような大きなガラスが一瞬のうちに幾つかに割れ、ガラスの撤去作業をしていた自分の太腿に刺さるようにガラスが落ちたことがあります。

ガラスが太腿に落ちてきた瞬間、太腿の骨に「ドン!」と当ったという感触は今でも忘れられませんね・・・。
一瞬のうちに作業ズボンが血に染まってきて、そこの御客さんにタオルで片足の血液を止めてもらう為に縛り付けて頂きました・・・。

今でもその跡は残っています。
結局この事故以来、ガラスに対する”怖さ”が出てきたように思われます。

でも、多少”怖さ”があった方が、より注意するようになるので、自分では良いと思っていますけどね・・・。



mixiチェック
南幌町から小樽方面に向かって約90kmある余市町の現場へ浴室リフォームの依頼がありましたので伺ってきました。

P1000403.jpg   P1000437.jpg   P1000433.jpg


農家であるM様の希望として、まずは自宅でせっかくある風呂をリフォームして入れるようにしたいとのこと。

工事前の状況としては、とても断熱されている状況とは言えず、とても”寒い”ということで、真冬の厳寒時には浴槽内の残り湯が朝には凍結することもあるとか・・・。

それに伴いボイラーの交換も同時に行うことにしたのですが、なかなか狭いスペースでどう納めるべきか、かなりの難題ではありました。

浴室は基本的にユニットバス使用への改修とし窓サッシも勿論断熱仕様とし、ボイラーは壁掛け式のを隙間に納めるというプランにて提案させて頂きました。

尚、現場調査の際、水道配管関係に工事が及ぶ場合には水抜栓がどこにあるのか確認しておく必要がありますね。

御客様への説明、御理解を頂き工事への着手となりました。

P1000427.jpg   P1000411.jpg   P1000586.jpg




mixiチェック
今回の工事は、マンションではよくあるリビングと和室が繋がっている間取りを洋室リビング一つにしてしまうという改修工事です。

以前は和室として客間の機能も果たしていたのでしょうが、そこで洋間部分と区切っているとどうしてもリビング自体が手狭に感じられた為、大型家具の配置にも苦労するので和室を一気に無くしてしまい全てを洋間に変えてしまおうという要望です。

P1020721.jpg   P1020719.jpg

まずは現場調査ですが、敷居の撤去に伴い天井部分の垂れ壁も含めた撤去もあり、新たに造作する際の天井納まりを確認します。また、室内建具に絡んで内部壁をどこまで既存利用するか、袖壁を撤去した後の壁がどこまでフラットになるか、和室の収納建具を折戸式へ変える際の収まり、設備機器の脱着可能かなど諸々を確認します。

その他カーペット柄、クロス柄もサンプルカタログによって御客様に決めて頂かなければなりません。


またマンションの工事ですのでマンションの管理組合への工事する旨の連絡、工事時の駐車場の確保、資材搬入と廃材搬出の運搬ルートなどの確認も大事な要素です。
勿論、隣接する住居人への挨拶も忘れてはいけませんね。

そして今回の御客様はペットを飼っていましたので、工事期間中の騒音状況等についても一定の理解を頂くようにお願いをしています。

後は資材等の事前準備が整い工事の日程が決まれば、予定通り工事が行われる運びとなります。

P1020708.jpg   P1020712.jpg   P1020713_20121224014039.jpg


mixiチェック
9月にホームページから問合わせがあってその後一度訪問していたのですが、先日正確な現場状況の確認をする為に再度訪問してきました。

施主さんは来年から農家を営むというまだ若い方です。

いわゆる脱サラということになるのでしょうか、いきさつについて詳細は分かりませんが、是非仕事という面以外においても個人的に応援したくなる御客様です。

4月には引越しできればという思いもあり、そうなると工事としては3月中には終らせたいところではあります。

幸いこの厚真町は雪の少ない地域ですので、工事としては何とかなりそうですけどね。

只、先日伺った時は意外と積雪がありました。
この日は高速道路も通行止めになるほどの吹雪でして、周囲に何も無いとホント遭難しそうな勢いの場所です。。。

できれば年内にでも図面と見積りを上げて、年明け早々にでも打合せをし、工事する方向で計画を進めて行きたいと思っています。

やっぱり年明けは忙しくなりそうです。。。

P1030253.jpg   P1030310.jpg   P1020150.jpg







mixiチェック
先週からですが、札幌市厚別区での店舗移転に伴う内装工事について打合せを行っております。

工事としてどこまでの範囲となるのか、その線引きについては今後の打合せにもよるのですが、とりあえず移転を完了して4月から移転先での営業となると、今から単純に逆算すると3ヵ月強という期間にはなります。
但し、移転に伴う設備機器の設定や引越し期間を考慮し、また1月の建築業界は正月休みを2週間程度にまで及ぶ長期休暇をする業者も少なくなく、そうなると工期としては未だに図面も決まっていない状態というのはかなり遅い状況だと思います。

来週には今後についての具体的な話のできる打ち合わせが設定されているので、もっと進められることと思われますね。

年明けも忙しくなりそうです・・・。

P1030163.jpg   201 鳥瞰パース   201 内装パース


mixiチェック
以前も11/6付の記事に書きましたが、今年の春先に設計をやらせて頂いた現場の完了検査があったので、その立会いに行ってきました。

P1030377.jpg   P1030374.jpg   P1030372.jpg

今回の現場はいろいろありましたので、こうやって完了にまで辿り着いたのは感慨深いものがあります。

いつも思いますが、新しい建物は気持ちが良いですね。

P1030344.jpg   P1030362.jpg   P1030326.jpg

特に道路側に面した段窓スクリーンは一般的には住宅用で使われている断熱樹脂サッシなのですが、こうやって大きな建物でみても十分に迫力があってカッコよく出来上がって良かったと思います。

また是非このような大きな建物の設計をやる機会があればやってみたいものです・・・

・・・と言いたいところですが、時間と金銭的余裕を持てない限り、しばらくは遠慮したいというのが本音ですね。

P1030366.jpg   P1030358.jpg   P1030350.jpg



mixiチェック
カーペット張替工事当日です。

①まず最初にあったカーペットを剥がします。すると下地クッションが出てきますね。
今回はそのまま利用します。
ココで一つ注意しなければならないのはストーブ等の設備機器がある場合には、一時的に撤去か移動が必要となるので事前の確認は必要です。

②そして新しいカーペットを敷き込み、余分な部分をカットします。

③1枚では敷き込めないので、途中ジョイントにて対応します。

P1030227.jpg   P1030232.jpg   P1030234.jpg

④もう1枚ジョイントされる部分のカーペットも敷きこみます

⑤そして一つ目のポイント「ジョイント作業」ですが、アイロンでしっかりと丁寧にジョイントしていきます。
これがあまり上手ではない職人さんではハッキリとジョイント位置が分かる場合があって、技術を要する作業です。今回もバッチリと決まりました。

⑥そして二つ目のポイントですが、「キッカー」と呼ばれる道具を使ってカーペットを壁際で引っ張り込みます。
これでカーペットの”しわ”や緩みを無くし、壁際でしっかりと納めます。

P1030236.jpg   P1030237.jpg   121217工事完了 (1)

⑦無事工事は完了です。綺麗に仕上がりました。

⑧御客様には「気心の知れている希望設計さんにお願いしてとても良かった。
職人さん方も気さくで仕事もとても丁寧でありがとうございます!」と喜びの声。

また今後共宜しくお願いします。

121217工事完了 (3)   121217工事完了 (2)   121217工事完了

mixiチェック
先日、マンションのカーペットの張替工事の依頼を受けて現場の確認に行ってきました。

以前までは身内の違う方が住まわれていたそうですが、だいぶ汚れも目立ってきたので引越しを機に張替しようということになったようです。

まずカーペットで気になるのは、ジョイント位置を何処にするかですかね。

そもそも既存のカーペットも何処かでジョイントしているわけですが、柄によってはそのジョイント位置が目立ってしまう場合があるので要注意です。

それと、カーペットの下地をどうするのかも確認する必要があります。

今まで使っていたカーペットにも勿論下地はあり、基本的にはフェルト素材のものが多いようですが、もう一ランク上素材で「ハイクッション」なるものだと、家具等によるつぶれ跡がほとんど残らないというのが特徴ですね。

今回は下地はそのままで、ジョイント位置も今まで通りということで打合せをしてきました。

カーペットのメーカーはサンゲツで、ある程度耐久性のあるものを選びました。

製品の納品まで4~5日、工事自体は1日で済みますが、マンションの場合管理組合や管理会社へも連絡しなければならないのも怠っちゃいけませんね。

001.jpg   P1030128.jpg   P1030115.jpg





mixiチェック
久しぶりの工事日誌の更新にはなりますが、さすがにこれだけ雪が降ってしまうと、もう外部の工事はナシですね。

よっぽどの事情が無い限り個人的にはお薦めしません。

もうこの時期だと、明るい時間も短く朝の作業は除雪から始め本当の作業に入るまでは当然に遅いですし、夕方には早く暗くなりますので作業時間も限られるのにそれでも日当金額は一緒なのですから。。。
職人さんにとっては1日は1日という訳です。

そもそも寒空の中、いくら灯油を炊いて暖を取ったところで、良い仕事は無理だと自分は思っていますよね。

「よっぽどの事情」というのは、往々にして”会社の事情”であり、決して御客様の為では無いと自分はみています。
その昔からいろいろとこの業界にいて、そういうところを見てきましたからね・・・。


さて、そんな事情はともかく、先日ようやく予てから行ってきていた南幌町「K邸」の工事が終わりました。

実はこのK邸のメイン工事は”建物全体の塗装”ではあったのですが、保険を利用した雨漏れ修理も依頼されており、その工事も伴っていたので、その分がようやく終わったということです。

外部は以前に終えていたので、残り作業は内部の天窓部分の修繕ということになります。

吹抜けの上に天窓があるので、室内に足場を設置します。
その後、漏水によって汚れた周辺部クロスの貼り換え、そして木製天窓の枠部分の修繕塗装、シーリングの作業を施しました。

P1010653.jpg   GEDC0016.jpg   GEDC0027.jpg


GEDC0032.jpg   GEDC0029.jpg


これでまたしばらくは安心の生活がおくれそうです。

K様はもともと本州から北海道へ移住された方で、こちらに知っている業者がいないということで、当社を口コミで紹介された御客様でした。
当初は当然に不安があったと思いますが、「川上さんの本当に正直な人柄が工事にも反映されていて、安心してみていられました。これからも宜しくお願いします。」と言われたのが嬉しかったですね。

今後共、正直に工事と向かい合っていけたらと、あらためて思った次第ではあります。

K様ありがとうございました。

P1030036.jpg


mixiチェック
2年程前に設計した新築の木造住宅です。
昨年の暮れのことですが、雨漏れするので見て欲しいとの連絡がありました。

新築で雨漏れ?・・・

少々不可思議に思いながらも現場に伺い早速屋根裏へ。

すると何故か梁の上や断熱材の上に雪が積もっており、それが室内からのビミョウな熱の伝わる部分でもある点検口の枠周りからその雪が融けて天井から水滴となって雨漏れのようになっていたようです。

P1000014.jpg   P1010785.jpg   P1010794.jpg

勿論初めてのケースでしたが、では何故屋根裏に雪が積もっていたのかをもう少し探ると、軒天にある有孔版から自然換気として通気されてはいるのですが、その通気と共に雪も一緒に吹き込んでいるようでした。
※建物外観写真で丁度外壁に雪が付着している部分の上に問題の軒天部分があります。

その時の様子がこちら・・・

地元南幌町は「風の町」と言われるほど風の強い地域でもあり、更に現場は農家の方の一軒屋ということもあり、まともに風を受ける環境でもありました。

一応とりあえずの処置で対応し、きちんと塞ぐのは冬期間を終えて様子を確認してからということで年を越しました。幸いその後は何も無かったようです。

先日、その軒天の有孔部分に今度はきちんとアルミ製の板を貼って塞いできました。
この冬は多分これで大丈夫だと思います。

P1030084.jpg  P1030086.jpg  P1030088.jpg

それにしても自然を相手に建物を建てるというのはなかなか一筋縄では行かないものだと実感させられた現場ではありました。
mixiチェック
今年の夏に行った屋根の工事です。

当初は屋根の軒先が波打ってきており、板金がめくれてきている処もあるということで、その修復のみとして工事を請け負ったのですが、どうも軒先の腐蝕の原因はそもそも屋根自体からの問題だということで、軒先のみならず屋根面全体の修繕を提案させて頂きました。

P1010183.jpg  P1010185.jpg  P1010188.jpg

只、当初見込んでいた金額からはかなり高額となり、家自体も相当に築年数が経過していることから、最低雨漏れを防ぎ、当面の雪等にも耐えられる状態にまで復旧するというところで、屋根の半分を新しく屋根下地材も含めて行うこととなりました。

屋根の下地板には通常野地板材として製材された木材が使われるのですが、今回の現場では「パーティクルボード」と総称されている集成材が使われていました。
集成材と言っても今ホームセンター等で見受けられるようなOSB板のようなものではなく、年配の職人さん曰く、その昔は「ノボパン」等と俗に呼ばれていた建材らしく、そもそもこういった建材を屋根下地面に使用すること自体が珍しいとのことでした。

施工当時の集成材の腐朽状況動画はこちら

結果的にはこれら建材としての老朽化によって耐久力が失われたものであり、勿論施主さんは知る由もなく、何十年後かに問題として発覚するのですから、なかなか難しい部分でもあります。
また、屋根板金だけで言えば数年前に一度上貼りのリフォームを行っているとのことでしたが、恐らくその時点においても下地材としての耐久力は既に失われていたことについては分かっていたと想像できます。
自分が伺った時、既に屋根を歩いただけでフワフワしている状態でしたし、それがココ数年で一気に進行したとは思えないのです。やはり長い期間に腐蝕が進行してきたと考えると、その途中リフォームを行う際に、施工業者はどうしてその屋根全体として、また建物全体として修繕するように提案ができなかったのかが残念に思います。
結局、当時行ったリフォーム費用は無駄になってしまうのですからね。。。

P1010211.jpg   P1010202.jpg   P1010232.jpg
P1010251.jpg   P1010255.jpg   P1010261.jpg


とにかく半分のみですが、腐蝕の進んでいた屋根面の修復は無事終えました。
これで当面、雨漏れは防ぎましたし、冬は雪の重みでいきなり屋根が倒壊するようなことは無いと思います。

御客様もとても喜んで頂けて良かったです。

P1010270_20121205121702.jpg   P1010274.jpg   121204南幌町「S邸」完了

mixiチェック
下から順を追ってまずは「床」ですが、”テラコッタ・タイル”がお薦めですね。

121203テラコッタ床写真

特に靴を履いたまま店舗内を出入りする場所として耐久性もありますし、雰囲気も十分合うのではと思います。

「壁」は外部同様に”珪藻土”仕上げはどうでしょうか。
珪藻土は自然な湿度調整が行われますので、商品にとっても良いと思います。
場所によって間接照明を使用したニッチなどを作っても面白いですね。
只、自然素材でもあり、その耐久性としてはやや弱い部分もありますので、腰下部分の壁には羽目板等、強度のあるもので覆うというのもありかと思います。

121203珪藻土壁仕上   SANY0599.jpg

あと「天井」の仕上げは様々ですが、一つは羽目板等でアクセントにダミーの木製梁を見せ、白熱灯の電球をぶら下げたり、ダウンライトを組み込んでみるのも有りかと思います。

121203天井照明参考写真   121203天井照明参考写真2

とりあえず、あとは現場の状況と予算次第かと思います。
当然、店舗となるといろいろと商品物量や設備的にクリアしなければならない問題もあるかとは思いますし・・・。
一つ注意しなければならないのは、あまり極端にやりすぎるとクドくなってしまうということでしょうか。
それらも踏まえて進めて行ければと思います。

でも、こうやっていろいろ考えるのは基本的に楽しい作業ではありますね。

IMG_0037.jpg  IMG_0040.jpg  IMG_0041.jpg  IMG_0038.jpg




[洋風デザイン思考 【内装偏】]の続きを読む mixiチェック
先日、正式なオファーでは無いものの、店舗を洋風にしたいというようなお話を伺いましたので、何となくですが簡単なイメージをまとめています。

只、具体的な間取りや面積、店舗として必要な設備機器などは一切不明ですし、外観としてもどんな感じの建物なのかも見てはいませんので全然分かりません。

また意外と周辺の雰囲気や出入口となる建具なんかでも影響は大きいですからね。

海外ではほとんど見受けられない、シルバー色の”アルミサッシ”なんかがいきなり店舗前面にあった時には、洋風にとか言っているスタートから苦労しちゃいます・・・。


店舗入り口はかなりイメージに個性が出ますよね。
つまり好き嫌いもハッキリとしているということ。

そもそも”デザイン”自体が既に個性であり、好き嫌いのハッキリしているところではありますけどね・・・。

とりあえず雰囲気のありそうな画像を貼ってみました。

121203店舗外観  121203店舗外観2  121203店舗外観3


ガラスの仕様や建具のフレームによってはもっと仕様は変化すると思います。

またイーゼルやノボリ、看板、また正面に商品を陳列したり、ちょっとした小物的テーブルやイスなんかを置くのでしたらそれらのコーディネートも発生してきますよね。

まず、既存間口に合わせてそれらの要素をどうするのか、またどうしたいのか、それからその先にある好みのイメージデザインを兼ね合わせて考えて行く作業が必要なのだと思います。

ランダムに仕上げたモルタルや珪藻土の壁等にアクセントで石壁調のブロック素材を貼っても面白いと思いますね。

以前に住宅ではありましたが、石造調の外壁リフォームをしたことがありました。
(ちなみに工事した時の様子はこちら)
全面を覆うとクドくなりそうですが、アクセントとして利用するのも良いかと思いますね。

121203石壁ポイント貼付   121203石壁貼付






mixiチェック