紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


一定の撤去作業が完了すると、いよいよ造作工事です。

まずは天井。

天井下地には、以前は「軽量」と省略され呼ばれている「軽量鉄骨」が使用されていましたが、今度は大工さん工事で行う為に「木造」で行われます。

基本的にどちらも一長一短の部分はありますが、マンションの場合、新築時において大量に各室を仕上て行くという意味では軽量鉄骨の方が仕事が早いでしょうね。

片や住宅の様な木造仕様では、天井だけ軽量鉄骨にしても然程に面積も少ないですし、金額的なメリットも少ないのだろうと思います。

今回の現場では既存リビング部分の天井はそのまま軽量鉄骨仕様で新しい部分が木造ですので、最終的にはそれぞれの仕様におけるコラボレーションということになりますね。

それからリビングの壁に1枚断熱パネルを貼って、その後設置されるピアノの裏に発生するかもしれない結露に対する対策も考慮しました。

鉄筋コンクリート造のマンションのような場合は特に、その躯体構造故、どうしても結露の問題が発生し易い環境でもありますので。。。

P1000861.jpg   P1000864.jpg   P1000862.jpg



スポンサーサイト



mixiチェック
まず工事の最初はやはり浴室部の解体・撤去作業からですね。

今回は既存浴室は勿論ですが、ボイラー機器の撤去、そして外部窓のアルミサッシも断熱仕様へ変更するので撤去します。

写真では少し分かり難いかもしれませんが、既存浴室の形状はL型になっているのですが、基本的にユニットバスの規格形状は長方形か正方形ですので、その規格寸法に適合するように内部を解体し、尚且つ新しいボイラースペースも確保しなければなりません。

というわけで実はこの現場、結構アクロバットな納まり仕様となっています。

P1000657.jpg   P1000661.jpg   P1000658.jpg



mixiチェック
まず和室の天井(通常木目模様のラミネートで覆われた建材で仕上がっていますので、大工さん達は「ラミ天」とか言ってますけどね)を撤去すると、マンションの場合だとすぐに構造となっている鉄筋コンクリート(RC)が見えてきますよね。
木造住宅だと木の梁や下地材が見えますし、時には断熱材で覆われています。

その後和室を区切っていた”袖壁”を撤去。
それで初めて既存リビングと和室の壁が連続してきます。
只、どうしてもそれぞれ単独で石膏ボードを貼り付けて仕上ていますので、それぞれの段差が生まれる可能性は否めませんので施主様への御理解と承諾が必要です。

そして和室の床として敷かれていた”畳”の厚み分高くなっていた敷居を撤去します。

今回のマンションはコンクリート床にクッション下地を敷いた上にカーペット仕上げということだったのですが、この敷居部分のコンクリート段差が後々御客様から指摘を受ける部分となりました。

今後はこういった細かい部分も注意して工事を管理していけなければと自分自身気をつけなければと反省も含めた部分でもありましたね。

P1000853.jpg   P1000846.jpg   P1000850.jpg

mixiチェック
この「工事日誌」を御覧になって頂いている皆様
あらためて、あけましておめでとうございます。

実はこの”工事日誌”自体は2009年の1月に立上げたのですが、丸3年近く放置したままでした。
ようやく昨年はコンサルタント指導のもとホームページも新規に立上げ、当初から考えていたこの”工事日誌”にも何とか着手したという次第ではあります。

目的として一つは「自分自身の活動記録」。
ちなみに一般工事・設計・現場管理業務関係を「㈱希望設計」として、そして以前から携わっている窓サッシに関するガラスやカギ関係、その他玄関風徐室等の工事は「窓夢-MADO YUME-」のブランド事業としてそれぞれ区別して業務を行っております。

もう一つの目的は、できるだけ”工事”というものを分かり易く都度御客様は勿論ですが、これから工事を考えている方や、興味のある方、そしてもっと言えば興味の無い方にも少しでも興味を持って頂けたらとも思いできるだけ専門用語を一般の言葉に置き換え、写真を添付した上で文章化しているつもりです。

「建築工事」はどうしても分からない部分が多く、その為に分かる部分での比較、つまり”価格”のみでその工事業者を選択してしまう傾向が強いと常々感じています。
どうしてそういった金額で提示されているのか、また他との違いは何なのか、何故その提案をしているのかといった基礎知識に少しでも役立てて頂ければという想いも込めて、今年もこの日誌を続けていけたらと考えております。

そんな想いもあって、特に日付指定の無い過去事例記事については、ちょっとだけ遊び心を交えて「工事日志」と書かせて頂いております。

今後共、不定期な”日志”になるとは思いますが宜しくお願い申し上げます。

ポストカード2013

mixiチェック
前回現場確認をした後、翌日設備業者によって大体の配管関係について復旧はしました。

只、どうしてもユニットバスとなっている壁の裏側は壁自体を壊す事が不可能でしたので、その部分の復旧は断念し裏側へ通じているダメな部分の配管は塞いで迂回し処理しました。
壊せる部分の壁は表面材を撤去し、内部配管の接続し直し等にて対応しています。

あとボイラーについても今回の凍結によって一部部品が破損していました。
さすがにその部品の調達はメーカーや問屋も年末休みに入っているので難しく、結果として御客様の承諾を頂いて復旧は年明けとさせて頂きました。

あと壊した壁は一時的な応急処理ということで、濡れた断熱材(グラスウール)は全て撤去処分し、新しく入れ替えた後、気密シートにて壁を覆いました。

近いうちに内部壁のクロス張替や浴室入れ替えなども含めたリフォーム工事も検討されているということなので、今回はあくまでも生活に影響の無い程度で工事費を抑えて終了しております。

P1030449.jpg   P1030443.jpg   P1030456.jpg


これで、一応給湯としての機能はありませんが、無事お正月に向けての給水は復旧できました。
ちなみにお風呂などは近所に実家があるので、そちらで何とかするとのこと。

久しぶりに大晦日の土壇場まで仕事の一年となりました。

これからも「希望設計」は24時間年中無休で、何時何処でも御要望とあれば伺いますのでお気軽に連絡を頂ければと思います。
今後とも御愛好の程宜しくお願い申し上げます。

それから、これからまだまだ寒い日が続きます。
数日家を空けるような場合は特に水道凍結には注意して欲しいと思います。。。




mixiチェック
住居人が引っ越した後のアパートの「内窓」修繕依頼作業です。
年明け早々には新しい人が見に来るので、できれば年内にやって欲しいということで12月末に作業を行ないました。

何処を修繕するのかというと、只、内窓に取り付けされている”木製格子の撤去”だけなんですけどね・・・。

この”木製”というのが実は問題で、内窓についた結露によって尽く黒く腐蝕したりカビが発生し、窓全体が見苦しい状態になってしまいます。

ですので、樹脂製の枠部分(框=”かまち”と言います)と中桟のみを残して、木製部分を撤去し、ガラスを押さえている部分は4方シリコンコーキングにてシーリングをします。

実はこのアパートでは同じ様に、他の部屋も随時住居人が入れ替わる都度にこの作業を行なっています。


全部で窓は2個所、計4枚分の作業。

それほど時間的には掛からない筈だったのですが、この時期は寒くて「マスキングテープ」が貼り付かない・・・。
しかも、コーキングも前夜の寒気のせいか凍っている!?

そのうち暗くなってきたが、現場の電気はブレーカーを上げても通電せず・・・。
ついでに言うと、アパート前は雪が一杯で車を停める場所も無く、仕方なく近くのコンビニに停めて、道具と材料を持って現場まで歩いて行きましたし・・・。

いろいろこの時期、簡単な作業でも、思わぬ準備と確認不足によって2日間にまたがった作業となりました。。。

以前もやっていた作業だったので、完全に油断していました。

今後気を付けねば。

P1020241.jpg   P1030393.jpg   P1030420.jpg



mixiチェック
今季の北海道の冬は積雪のペースが早いのも特徴的ですが、それに伴って寒さも12月としてはかなり厳しいものがありました。

その影響もあって、12月は油断した水道凍結事故があちこちで発生しています。

ただ凍結したのを解凍してすぐ解決できるのであれば、然程に被害は無いのですが、数日間に及ぶ凍結は金属配管を破裂させる事にもなり、それが壁の中の配管で発生した場合にはかなりの大工事を伴う事にもなるので注意が必要です。

こちらの現場は12月暮れの28日18:00頃に連絡を頂きまして伺ってきました。

P1030438.jpg   P1030435.jpg   P1030426.jpg


実は”希望設計”への連絡は4件目らしく、前の3件には正月休みに入ったということで断られたとか・・・。
もう少し厳密に言うと、1件目の業者が一応来て対応はしたらしいものの、全然状況把握出来ずに帰ったようです。
つまり途中で放棄したようですね・・・。

という訳で、年中無休の希望設計で対応することにはなったのですが、当初見込んでいた配管凍結も一箇所だけでは済まず、その他にも壁内で破裂したと思われる漏水が床下へ落ちていることから、年末ギリギリの大工事へと発展してしまいました。

その時の床下の漏水状況がこちら・・・

一応、この日は水を止めるのみの応急処置を行い、後日から壁を壊して配管の復旧を行い、ボイラー機器の修理も含めて対応することとなりました。

mixiチェック