紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


住居人が引っ越した後のアパートの「内窓」修繕依頼作業です。
年明け早々には新しい人が見に来るので、できれば年内にやって欲しいということで12月末に作業を行ないました。

何処を修繕するのかというと、只、内窓に取り付けされている”木製格子の撤去”だけなんですけどね・・・。

この”木製”というのが実は問題で、内窓についた結露によって尽く黒く腐蝕したりカビが発生し、窓全体が見苦しい状態になってしまいます。

ですので、樹脂製の枠部分(框=”かまち”と言います)と中桟のみを残して、木製部分を撤去し、ガラスを押さえている部分は4方シリコンコーキングにてシーリングをします。

実はこのアパートでは同じ様に、他の部屋も随時住居人が入れ替わる都度にこの作業を行なっています。


全部で窓は2個所、計4枚分の作業。

それほど時間的には掛からない筈だったのですが、この時期は寒くて「マスキングテープ」が貼り付かない・・・。
しかも、コーキングも前夜の寒気のせいか凍っている!?

そのうち暗くなってきたが、現場の電気はブレーカーを上げても通電せず・・・。
ついでに言うと、アパート前は雪が一杯で車を停める場所も無く、仕方なく近くのコンビニに停めて、道具と材料を持って現場まで歩いて行きましたし・・・。

いろいろこの時期、簡単な作業でも、思わぬ準備と確認不足によって2日間にまたがった作業となりました。。。

以前もやっていた作業だったので、完全に油断していました。

今後気を付けねば。

P1020241.jpg   P1030393.jpg   P1030420.jpg



スポンサーサイト



mixiチェック
今季の北海道の冬は積雪のペースが早いのも特徴的ですが、それに伴って寒さも12月としてはかなり厳しいものがありました。

その影響もあって、12月は油断した水道凍結事故があちこちで発生しています。

ただ凍結したのを解凍してすぐ解決できるのであれば、然程に被害は無いのですが、数日間に及ぶ凍結は金属配管を破裂させる事にもなり、それが壁の中の配管で発生した場合にはかなりの大工事を伴う事にもなるので注意が必要です。

こちらの現場は12月暮れの28日18:00頃に連絡を頂きまして伺ってきました。

P1030438.jpg   P1030435.jpg   P1030426.jpg


実は”希望設計”への連絡は4件目らしく、前の3件には正月休みに入ったということで断られたとか・・・。
もう少し厳密に言うと、1件目の業者が一応来て対応はしたらしいものの、全然状況把握出来ずに帰ったようです。
つまり途中で放棄したようですね・・・。

という訳で、年中無休の希望設計で対応することにはなったのですが、当初見込んでいた配管凍結も一箇所だけでは済まず、その他にも壁内で破裂したと思われる漏水が床下へ落ちていることから、年末ギリギリの大工事へと発展してしまいました。

その時の床下の漏水状況がこちら・・・

一応、この日は水を止めるのみの応急処置を行い、後日から壁を壊して配管の復旧を行い、ボイラー機器の修理も含めて対応することとなりました。

mixiチェック