紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


昨年の秋に工事を行った現場だったのですが、”床鳴り”がするというので伺ってきました。

工事を行った時は全然何でも無かったのですが、冬になり床暖を使うようになってのその暖かさや、この季節の乾燥等によって下地木材合板や構造木材自体の伸縮が影響しているものなんだと思われます。

”床鳴り”への対応策としては、仕上げ下地合板よりも更に下にある構造材へビスなどで押さえ込むのが一番手っ取り早いのですが、今回の場合「床暖パネル」なので、なかなか闇雲にビスを打ったりして穴を開ける事などできません。
そこで登場したのが、「住宅診断」でも活躍している「サーモカメラ」です。
これだと、熱の通っているパイプや電熱線の位置がハッキリと分かりますからね。

後日この調査を基に”床鳴り”を止めるべくビス止め作業に掛かりたいと思います。

P1030962.jpg



スポンサーサイト



mixiチェック