紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


引き続きクロス”貼り”の作業です。

ところでこの「貼る」という言葉。
というかその文字に対する漢字の使い方ですが、業界では何故か「張る」という漢字が多く使われています。

動詞の意味を見ると、

「貼る」は物を広げて他の物に糊や鋲などで付着させることで、「張る」は、一点から伸びたものの先が広がる、糸・紐・綱・針金などを一直線に伸ばし、渡したりすること。

とあり、ずっと以前から疑問に思いつつ、自分としては意味的には「貼る」の方が自然かと思って使っています。

その他、「網戸」や「外壁」の見積書や資料をみても「張る」が使われていますよね。
「網戸」の場合はなんだか引っ張って作業する意味では、少しだけ近いような感じもしますが、一面にという意味ではやっぱり「貼る」の方が個人的にはしっくりいきます。

ちなみにワードソフトで打ち込むと「貼る」は”常用外”と表示されるのも驚きです。
「貼る」と「張る」の意味はだいぶ違うような気がするんですけど・・・。

まあ、基本的には意味が分かればそれで良いんですけどね・・・。

というわけで、今回は「クロス貼り」作業の紹介でした。


P1000877.jpg   P1000876.jpg   P1000875.jpg


スポンサーサイト



mixiチェック