紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


ちょっと日誌の日付は前後しますが、先日地元町内での外壁塗装の見積り依頼がありましたので、伺ってきました。
一昨年辺りから地元でも声を掛けて頂けるようになり嬉しいですよね。

現場の住宅はやや大きめのホワイトを基調とした外壁で仕上がっています。
いわゆる「木造モルタル仕様」ですね。

前回の塗装が7,8年前とのことですが、どういった塗料を使って施工されたのか一切の資料等が施主様の方へ提出されていないというのはいささか問題ですね。

というか、むしろ塗装工事の場合にはよく聞く話ではありますが・・・。

今回は外部面全塗装ということで、外壁は勿論ですが、窓周りの木部、軒天、バルコニー部等の鉄部、そして屋根板金部と各々違った塗料で工事を行います。
当然にどういった塗料を使うかの説明をし、見積書にも反映しております。

外部面のメンテナンスをどれだけきちんとできるかによって、建物自体がどれぐらい保てるのかが大きく反映される部分でもあります。

自分としては只塗るだけの工事では無く、その下地や素材を考慮し、一番良い工事を提案するのが、また一つの建築士としての仕事だと思っております。

P1040156.jpg   P1040157.jpg   P1040164.jpg




スポンサーサイト



mixiチェック
今年は地方への出張が多いですね。
先日は、冬はスキー場でも有名なニセコ町の隣町でもある京極町の現場へ伺ってきました。
事務所からだと約2時間、100km程度の距離の現場です。

こちらはホームページからの御客様だったのですが、先月訪問して現場確認をして今回は工事見積りを提出して、その内容について説明を行ってきました。

メイン工事としては浴室のリフォームで、その他に洗面台や脱衣室の床補修等も修繕する内容に網羅されています。

ポイントとしては以前からの”コンクリート土間”を壊してステンレス浴槽を解体し取り出すのですが、その下地構造などがどうなっているのかが大事なポイントの一つとなるかと思います。

以前自分が大工時代に行ったこういった浴室改修工事の際には最悪シロアリのような害虫の巣窟となっていた場合もありますので注意が必用ですよね。

寒い冬でも毎日暖かい湯が入る浴槽の下は格好の害虫の住家となってしまうことがあり、結露などで湿気を帯びている場合などにはより注意が必用ですよね。。。

P1030908.jpg   P1030916.jpg   P1030918.jpg


mixiチェック
なかなか工事日誌の方も更新が進みませんが、仕事を怠けている訳では無く、むしろこの冬時期としては異例の忙しさでして、どうしても優先順位の低い、ブログやツイッターがおろそかになってしまいます・・・。

とか言いながら、飲み会やコナミには行っている訳ですから、その”優先順位”もどうよ?っていう感じもありますけどね(苦笑)

で、先週の話にはなりますが、札幌市南区でボイラーの交換工事を行いました。

4月以降には浴室のリフォーム工事も予定していますので、ボイラーはその前工事ということにはなるのですが、とりあえず既存のボイラーのオイル漏れが発生している状況でしたので、先に工事を手掛けたというのもあります。

今回もキャンペーンで紹介しているグレードの物を提供させて頂きました。
製品は長府ボイラー製です。
工事後は順調に作動しており、御客様にも喜んで頂いております。

あとは来月以降の工事でユニットバスの交換工事に着手しますが、その前に見積りを修正して提示しようと思います。

ボイラーの職人さんが、作業している間に自分は玄関ドアの調整を行いました。
開け閉めの調整が悪かったのと潤滑剤不足ですね。
時々、こういったメンテナンスは必要なのですが、取っ手部分を一旦バラして調整する方が間違いないので、なかなか一般の人には難しいかもしれませんね。。。
元々サッシ屋ですので、これぐらいは一応自分でやりますよ。
基本的には”ついで”なのでこれに関してはサービス工事とさせて頂いております。
こちらも無事調整を終え、スムーズな開閉が出来るようになりました。

この現場の周辺はまさに山すそでして、札幌市とはいえ南区ともなるとちょっと違った雰囲気でもありますね。

でももうすぐ春です。
雪が少なくなったら、今度は浴室工事へ取り掛かりたいと思っています。

P1040148.jpg   P1040150.jpg   P1040153.jpg





mixiチェック
北海道では、今時期は冬の閑散期を狙って各主要問屋主催による建材展示会が行なわれています。
今日は全国的な問屋でもある「ジャパン建材」の展示会がアクセスで行なわれているようですね。

・・・「いるようですね」というくだりなっているのは、実はその展示会に今年は行っていません。
他の展示会も同様ですが、なかなか行く機会が減っています。

本来冬時期は多少時間に余裕があるはずなのですが、今年は何だかんだで忙しい・・・。

まあ、仕事がこの時期にあるというのは良い事なんです。

ですから今年の展示会に行けないのは仕方が無いかとも思っています。

そんな中でも先日は今年2回目の展示会に行ってきました。
いろいろ今年の新製品など興味深い物も幾つかありました。

水周り商品は特に毎年華やかですよね。
システムキッチンやユニットバス、そしてトイレなどいろいろと手を変え品を変えて新製品も交えて展示している様子はさすがメーカーの成せる業だと毎年感心しています。

只ちょっとだけ最近気になるのが洋式便器の形状でしょうかね。
TOTOやLIXILも同様なのですが、最近の洋式便器の形状はひと昔前のような”くびれ”が少なくなってきて、”寸胴型”になってきています。
多分、外面を掃除するにはこの形状の方が良いのでしょうね。

でも思うのですが、使用時に座って用足しをする場合ズボンを膝まで下ろした時、便器とズボンが必ず接触しますよね。
まだ自宅でいつも綺麗な便器であれば然程に問題は感じないのですが、例えばコンビニのトイレ等の様に外靴でしかも不特定多数の人が使用している場合、どうしても便器自体は汚れていると思います。
床も外靴仕様ですので、汚れているのは当たり前ですので、当然にズボンが床にまで届かないように膝までで押さえておくしか無いですよね。そうするとまず便器には100%ズボンは接触しています。
ヘタすると、みんなのズボンで便器先頭の外面を磨いているような感じになりますよね。
これってどうなんでしょう・・・。

女性の場合はどうされているのか、全く自分の知らない世界ではありますが、多分同様では無いかと思っています。

まあ、只、こんな事考えているのは多分自分だけなんでしょうけどね(苦笑)

トイレのリフォームの際には是非最新型の便器をお試しあれ。。。


P1030967.jpg   130314トイレカタログ




mixiチェック
この現場に実際に初めて行ったのは2月中旬でした。

当初工事を行っていた建設業者が依頼者の不信を招き、その後違う業者が入れ替わりで入ってきたという”曰く付き”の現場です。

メインはこの集合住宅へエレベーター設備と、各階への浴室・トイレを設置するという改修工事なのですが、最初に自分が介入して驚いたのは、エレベーターの設備図面がメーカーから提出されている以外に何も無く現場が進められていたという事実・・・。

4階建てのこの鉄筋コンクリートの建物の内部は、エレベーター用に既に床が吹抜け状態に切除されており、何故か浴室ユニットバスが既に現場各階へ組み立てられた状態で単に置かれています。
順番で考えたら、床の切除はともかく、ユニットバスの搬入はまだかなり早いような気がしますね。

工事図面も無い位なのですから、当然に工事工程表などもきっと無かったのでしょう・・・。

これだけの工事を行う際に、通常だとまずは依頼者への工事見積り金額の承認を得る為に、その意味を提示するのに最低図面は必要だと思います。その後も依頼主への提示とは別件で消防への許可や行政指導を受ける際にも必ず必要な書類だと思うんですけどね・・・。

一体、以前の業者はどんな感じでこの現場を進めていたのか、不思議でなりません。

先日、設計図面は提出しました。

この後の工事監理は別ですので、工事業者が工程などを考えて進めていくのだろうと思います。

「建築工事」について、一般の人のほとんどは知識が無い為、その道の”プロ”に工事を委ねるのです。
その”プロ”が”プロ”としての仕事が出来ない場合、双方にとって不幸な事態となってしまいますよね・・・。


P1030933.jpg   P1030934.jpg   P1030947.jpg


mixiチェック
ついにすべての工事が完了しました。

照明やテーブル家具などは御主人様と奥様が好みで選ばれたものをリビングに置いています。

なかなかお洒落な感じですよね。

実は写真では写ってはいないのですが、大きなワンちゃんもいまして、その分リビングが手狭に感じていたのですが、これでリビングが広く使えるようになりました。

御夫婦共々+ワンちゃんにも喜んで頂けたようで良かったです。

P1000893.jpg   P1010912.jpg   P1010918.jpg
mixiチェック
先月中旬に現場調査に行っていた札幌市北区にあるマンションの改修工事の現場図面作業をとりあえず終えました。
時間的には2週間程度しか無かったので、ちょっと大変でしたね。

その間、別の現場もありますし、最近だと美幌町だとか地方への出張もありまして、結局そのシワ寄せは納期ギリギリ間際にということになってしまうわけです・・・。

結局水曜日の夜から、ほぼ徹夜で何とか作業は完了。

この後、多分訂正だとかいろいろ出てきますね。
今後はそれに対応して行く流れになっていくと思います。


実はこの現場、工務店さんからの依頼なのですが、その工務店さんは以前の建築屋からバトンタッチされた、いわばピンチヒッターというわけです。
只、前回の建築業者は全く図面らしい図面も無く工事を途中まで進めていたとか・・・。

鉄筋コンクリート4階建ての集合住宅へのエレベータ設備取付&浴室・トイレ設置工事といった、それなりの工事だとは思うのですが、図面もナシでどう工事を進めていくつもりだったのか不思議でなりませんね・・・。


P1040115.jpg





mixiチェック