紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


P1050590.jpg   P1050595.jpg   P1050596.jpg


この日も床では排水配管の作業が行われていましたが、天井では新たに仕上る為のその下地となる「軽量鉄骨」の打ち合わせを行いました。

今回その下地でお願いしたかったのは、天井から照明器具の下地素材となる木製装飾部材をぶら下げる為のボルトを取り付けて欲しかったということ。

只、それに伴って問題ともなったのが、そういった重量物を支える為に通常であればコンクリート等の躯体へ補強として打ち付けるアンカーが、そのコンクリート躯体へ打てないということ。。。

何でも、その躯体はJR高架であり、そういった”加工”によって強度が弱るのだとか・・・。

こんなトン単位で作られている高架に数十キロ単位のしかも7,8㎝のアンカーを数本打ちつけたところで、どんだけ強度に影響があるって!?

まあ、どれだけ上には届かない文句をひたすら言い続けたところで何ら状況は変わらないので、とりあえず鉄骨等を利用して補強しながらのボルト取付作業となりました。

ちなみに、今回この高架を支える柱脚も一切の加工が認められませんでした。
数年後には耐震補強工事を行う予定らしく、ぐるり200㎜分の厚み四方を壁で囲みまして、結果的には以前の柱よりかなり”ぶっとい柱”となりましたね。

まあまあ、この”耐震補強工事”とやらもいつやるのだか・・・。

続く・・・。


スポンサーサイト



mixiチェック