紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


P1050927.jpg   P1050926.jpg   P1050925.jpg

今回の現場で一番苦労したのが、実は職人さんの確保でした。

この頃からだんだんと巷では忙しくなってきていて、なかなか良い職人さんが来れなくなってきていましたからね。

とりわけ苦労したのが「電気業者」。

正直いろいろありました。

今回の様な現場は今までも何度か書きましたが、基本的には”ビル系”として工事が進められてきました。
つまり住宅工事とは少々勝手が違うんですよね。

一番大きな違いは図面が必要だという事。
逆に言うと、一般住宅だと電気設備に伴う容量計算書や配線図などは必要ありません。
勿論図面が無いというだけで、それらの計算や配線はちゃんと行われてはいますけどね。
一応、施主さんが目にするのは、照明やスイッチ、コンセントなどを配列した電気図面ではありますが、細かい業者向けの図面は無いので、配線位置などは業者の職人さんの経験値で行われる場合がほとんどですし、それを行ったという証明する図面などはありません。

今回の現場はとにかく図面が必要なのと、A工事からの引き継ぎ工事も必要でしたので、これで腰が引けた業者が当初から3社。

その後、冷蔵庫業者から紹介された電気業者は、自分のこういった立場の足元をみたのか、いきなり破格の工事見積りが出されて本当に参りました・・・。

よく「一式見積」はダメだと言われますが、今回の電気業者もいきなりの一式80万!
しかも作業費としての一式で全く根拠不明。。。

結果的にそこへの依頼は取り止めたのですが、その後に来てくれた「河合電設」さんには本当にお世話になりました。

いろいろ問題もあった電気工事でしたが、結果的にはとても良い業者さんに工事を行って頂き良かったです。


続く・・・。
スポンサーサイト



mixiチェック