紺色バー 【3月13日・水曜日】の現場日記 ~トイレ洋式便器形状に想う・・・。

【3月13日・水曜日】の現場日記 ~トイレ洋式便器形状に想う・・・。

ここでは、「【3月13日・水曜日】の現場日記 ~トイレ洋式便器形状に想う・・・。」 に関する記事を紹介しています。
北海道では、今時期は冬の閑散期を狙って各主要問屋主催による建材展示会が行なわれています。
今日は全国的な問屋でもある「ジャパン建材」の展示会がアクセスで行なわれているようですね。

・・・「いるようですね」というくだりなっているのは、実はその展示会に今年は行っていません。
他の展示会も同様ですが、なかなか行く機会が減っています。

本来冬時期は多少時間に余裕があるはずなのですが、今年は何だかんだで忙しい・・・。

まあ、仕事がこの時期にあるというのは良い事なんです。

ですから今年の展示会に行けないのは仕方が無いかとも思っています。

そんな中でも先日は今年2回目の展示会に行ってきました。
いろいろ今年の新製品など興味深い物も幾つかありました。

水周り商品は特に毎年華やかですよね。
システムキッチンやユニットバス、そしてトイレなどいろいろと手を変え品を変えて新製品も交えて展示している様子はさすがメーカーの成せる業だと毎年感心しています。

只ちょっとだけ最近気になるのが洋式便器の形状でしょうかね。
TOTOやLIXILも同様なのですが、最近の洋式便器の形状はひと昔前のような”くびれ”が少なくなってきて、”寸胴型”になってきています。
多分、外面を掃除するにはこの形状の方が良いのでしょうね。

でも思うのですが、使用時に座って用足しをする場合ズボンを膝まで下ろした時、便器とズボンが必ず接触しますよね。
まだ自宅でいつも綺麗な便器であれば然程に問題は感じないのですが、例えばコンビニのトイレ等の様に外靴でしかも不特定多数の人が使用している場合、どうしても便器自体は汚れていると思います。
床も外靴仕様ですので、汚れているのは当たり前ですので、当然にズボンが床にまで届かないように膝までで押さえておくしか無いですよね。そうするとまず便器には100%ズボンは接触しています。
ヘタすると、みんなのズボンで便器先頭の外面を磨いているような感じになりますよね。
これってどうなんでしょう・・・。

女性の場合はどうされているのか、全く自分の知らない世界ではありますが、多分同様では無いかと思っています。

まあ、只、こんな事考えているのは多分自分だけなんでしょうけどね(苦笑)

トイレのリフォームの際には是非最新型の便器をお試しあれ。。。


P1030967.jpg   130314トイレカタログ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する