紺色バー 【 ネット版現場日誌 】
日々の現場状況を分かり易く日誌にしてみました。 御客様は勿論ですが、「建築」に興味のある方も楽しく読んで頂けたら幸いです。
06.12.01サグラダファミリア1

【Sagrada Familia】(サグラダファミリア)
建物に興味のある方なら御存知だと思いますが、建築家「アントニ・ガウディ」の設計で有名な巨大な教会建築ですね。1882年に着工し始め未だに工事が続いており、完成は30年後になるとか250年先にもなるとか言われており、何にしても気が遠くなるような工事となっています。
当然設計したガウディは既に他界しており、発注者である教会側にも当時者はいないと思います。
果たして自分が生きているうちに完成するのか・・・。ところで、この建物の「工事工程表」って一体どこまであるのでしょうね。
そして実はこれ”違法建築物”だったりと色々と物議をかもしだしており興味の尽きない建物です。


P1050590.jpg   P1050595.jpg   P1050596.jpg


この日も床では排水配管の作業が行われていましたが、天井では新たに仕上る為のその下地となる「軽量鉄骨」の打ち合わせを行いました。

今回その下地でお願いしたかったのは、天井から照明器具の下地素材となる木製装飾部材をぶら下げる為のボルトを取り付けて欲しかったということ。

只、それに伴って問題ともなったのが、そういった重量物を支える為に通常であればコンクリート等の躯体へ補強として打ち付けるアンカーが、そのコンクリート躯体へ打てないということ。。。

何でも、その躯体はJR高架であり、そういった”加工”によって強度が弱るのだとか・・・。

こんなトン単位で作られている高架に数十キロ単位のしかも7,8㎝のアンカーを数本打ちつけたところで、どんだけ強度に影響があるって!?

まあ、どれだけ上には届かない文句をひたすら言い続けたところで何ら状況は変わらないので、とりあえず鉄骨等を利用して補強しながらのボルト取付作業となりました。

ちなみに、今回この高架を支える柱脚も一切の加工が認められませんでした。
数年後には耐震補強工事を行う予定らしく、ぐるり200㎜分の厚み四方を壁で囲みまして、結果的には以前の柱よりかなり”ぶっとい柱”となりましたね。

まあまあ、この”耐震補強工事”とやらもいつやるのだか・・・。

続く・・・。


mixiチェック
床配管が徐々に行われてきました。

一般邸にはなかなか見る機会は無いとは思います。

器具や使用用途によって配管の大きさを決め、排水される方向へわずかではありますが勾配を取りながら設置されてきます。
途中掃除する為の配管もされますね。

排水配管以外にもし電気設備などの埋設があるようであれば、この段階で作業が行なわれます。

今回は排水配管だけですので、その分だけの工事作業が行なわれています。

P1050583.jpg   P1050582.jpg   P1050585.jpg


続く・・・
mixiチェック
床地盤となっていたコンクリートが綺麗に真四角に刻まれ撤去され、その下の配管作業が始まりました。
真四角のコンクリートはさながら氷か発泡スチロールのようですね。。。

今回佐藤青果さんの要望として設計に反映していたのが、店舗へ設置されているレジカウンターの真後ろへもキッチン的な給水設備が欲しいということ。
当然に排水管も必要になるのでその分の床配管工事が必要となります。

その他冷蔵庫の排水やバックヤードに設置する新しいトイレや洗面台等の配管も必要になりますので、それに沿って床を切り取って作業を行なっていきます。

これらは基本的には「A工事」区分ではありますが、テナントして配置するレイアウトや設備機器類はこの時点で選定せねばならず、この頃から徐々にA工事の設備業者から煽られる様になってきましたね。

只、こちらとしては金額的にもかさむ部分でもあるので、佐藤さんとの打ち合わせ確認が随時必要ですし、できるだけ仕入金額を抑えながら、良い製品を選んで早めに提示出来るかがポイントになります。

そういう意味では今回これらの機器類の選定にいたっては、不動木材の増子氏にはかなりお世話になりました。

実は佐藤さんとはコナミスポーツで知り合った友人です。
それで、その増子氏もまたコナミの友人。

佐藤さんも先日、話をしていましたがいろいろな人達との繋がりで「現場」は成り立ちます。

増子ちゃん、どうもありがとう!!

P1050571.jpg   P1050558.jpg   P1050572.jpg

続く・・・





mixiチェック
今回の工事で一番手が掛かるのが「設備工事」。

以前はワンフロアでワンオーナーだったので良かったのですがそれを二つに分けるという事は、つまりトイレやキッチン等の給排水や、電気関係、そして換気設備等も全て2分しなければならない手間は相当なものです。

とりわけ床下へ影響する排水管は、あらためて床を壊さなければならない為、かなり大掛かりになりますね。

ちなみに、もう一方へ入る予定だった精肉店は、何やら販売上の契約違反や今回の工事を担っていた建築業者にも問題があったらしく、移転自体の話が止まってしまっていました。

もし、精肉店がそのまま隣へ入るとなれば、床の油を毎日水掃き清掃を行うので排水設備は更に面倒だった筈です。
それ専用の設備もありますからね。
その為の仕様準備もJR側では行っていたようですが、結局は佐藤青果部分のみで工事は進められて行きました。

現場写真はまさに床のコンクリートを裁断している状況ですね。

P1050506.jpg   P1050500.jpg   P1050507.jpg


何だか流氷を割りながら進んでいく「ガリンコ号」の様です。(ちょっと違うか・・・)

続く・・・。

mixiチェック
5月に入ると急にJR側も慌しく動き出し、本格的な”定例会議”も2回行われました。

JR側はさすがにこういった大掛かりな”打ち合わせ”は手馴れたもので、まさに「役所的工事」を彷彿させる会議は、今までの放置は何だったのかと思わせるくらい本格的でしたね。
JR側の建築担当者は勿論、建築法規も踏まえる意味で建築設計士や各設備業者も勢揃いし、12,3名はいましたか。

しかしこちらは私一人。

一回目の会議から、やれ消防法や建築基準法の条例文等もいろいろと飛び出し”責め”はいりました・・・。

いやいや、今回の工事は「単なる内装の改修工事だったんではないんですか?」
でもって、「今まで何ヶ月も放っておいて、急にあれこれダメだしは卑怯ではないんですか?」

もう最後は「おまえら、一体何様のつもりだー!!」

って心の中で叫んでいました(苦笑)

まあ、怒りの感情を露にした所で、何ら解決しませんからね。。。


でもって現場は気が付くと天井も解体され、躯体が現れ”裸状態”になっていました。

P1050461.jpg   P1050447.jpg   P1050462.jpg


ちなみに私が担当する工事、いわゆるテナント側の工事は「C工事」と呼ばれ、依頼主は今回の場合だと佐藤青果さんということになります。
只、高架下部分の建物本体に関する工事についてはJR側で行い「A工事」と呼ばれています。

要するに賃貸アパートなんかで言うと、大家さんが修繕してくれる部分を「A工事」、借りている住人が自分で修繕する部分を「C工事」と分けている訳です。
その中間には当然に「B工事」もある場合もありますが、今回の現場は明確に分別工事を行っていましたので、「B工事」はありませんでした。

続く・・・。

mixiチェック